今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

森垣友香

グラス越しのあなた 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

A-thumb-718xauto-10025


友香「ふああ、センパイのメガネの度がすごいんで~~……」 クラクラ

浩子「な、ちょ、勝手に持ってくな!」

友香「あ、ごめんなさーい」

浩子「ったく、ちょい目ぇ話したら油断も隙もない……」 フキフキ

友香「センパイがメガネ外してるとこなんて見たことなかったからつい」

浩子「……いや、流石に外すときは外すで、今も顔洗っとったし」

友香「えー、でもこの間の合宿で一緒に温泉入った時もメガネしてたんでー」

浩子「足元が見えんと危ないからな、洗うときは外しとったわ」

友香「そうだったんだ……メガネが汚れから守ってくれるから洗う必要がないのかと思ったんでー」

浩子「お前はメガネに過剰な期待をかけすぎ」




友香「でもフナQセンパイはやっぱりメガネが似合うんでー」

浩子「まぁ小さいころからメガネ愛用者やからな、顔がメガネに馴染んどるんやろ」

友香「えっ……メガネが馴染む……?」

浩子「実際そういう説はあるらしいで、長い事メガネ着けてると目蓋が下がるとかそうでないとか」

友香「へー、なんでだろ?」

浩子「なんでもメガネは視界が狭いから、目を上に向ける機会が少なくて筋肉が緩むらしいで」

友香「え、えええ? 筋肉が緩む!!?? こ、怖いんでー!?」

浩子「え、ちょ」

友香「センパイはゆるゆるだったー!」

浩子「全力で誤解を招きそうなことを大声で叫ぶなや!!!!」




浩子「『そう言われてる』レベルの話やから本気にしたらあかんで」

友香「は、はぁ……そうなんでー……」

浩子「まぁうちももうメガネなしの生活なんて考えられんしな」

友香「なんでセンパイは目が悪くなったんでー?」

浩子「ん? 特に理由はないんやけどな、気付いたら視力悪くなっとっただけで」

友香「え、何か暗い所で本を読みすぎたとか」

浩子「覚えはあまりないなぁ、家族にもメガネ多いし遺伝ちゃう?」

友香「愛宕センパイもメガネだし」

浩子「絹ちゃんはイトコやけどな、まぁ家系やろ」

友香「あんまり似てないようで似てるんでー」

浩子「あー、まぁ確かに絹ちゃんとはいろんな意味で従妹やなって思うわ」

友香「……一部分(胸部)は似てないけど」 ボソッ

浩子「…………あ゛あ゛ん?? 今どこ見て言うたんや? 言うてみ?」

友香「で、でもメダ○ットでは装甲が低いほうが性能が高いんでー!」

浩子「誰の胸部装甲が低いんじゃああああ!!!」




今どきの 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

Kdaidanwa


憧「……ねぇ、ちょっとまずいことに気付いちゃったんだけど」

泉「分かっとるて、森垣がお嬢様やのに昨日ドカ盛りラーメンに挑戦してクリアしてもうた話やろ?」

友香「神域ィ!」

憧「いや違うけど!? ていうかアンタ本当に何やってんの!!?」

友香「…………ふと気になって並んだら大変なことになったんでー……」

憧「よかった、まだ後悔できてるだけ魂まで堕ち切ったわけじゃなさそうだわ……」 ホッ

泉「ドカ盛りラーメンは禁断の果実かなんかか」




憧「だ・か・ら! 私が気付いたのはそうじゃなくて! 私たち女子大生よね!?」

泉「そういうことになっとるハズやけども」

友香「なっとることになっとるんでー」

憧「じゃあ! なんで! オシャレとかそういう女子大生っぽい会話を一回もしたこと無いの私たち!?」

友香「…………???」

泉「…………???」

憧「なんでそんな『コイツ何言ってんだ』みたいな顔してんの!?」




憧「だってこの三人でいるときにそういう話した覚えゼロなんだもん」

泉「いや、まぁな、私らも女の子やし、そらそういうのに興味がないわけやないねん」

友香「うん、学科の子たちとはたまにそういう話したりする」

憧「……じゃあなんで」

泉「いや、まぁ別に特に理由はないねんけどな」

憧「……は?」

友香「うん、特に理由はないかも」

泉「いや、むしろ私らもいま言われてみて疑問に思うレベルやでこれ」

友香「んー、本当なんでなんだろ、訳わかんないんでー」

憧「……………………はあああああああぁぁぁぁぁぁ」

友香「ため息すごい」




泉「まぁアレやな、オシャレの話は他の友達でも出来るけど、アホな話できるんは自分らだけやしな」

友香「ああ、それは確かにあるかもしれないんでー」

憧「ええ~? なんかアンタら誰に対してもボケまくってるイメージしかないんだけど……」

泉「おうおうゆーてくれるやんけ、私の乙女力(おとめぢから)溢れるゆるふわトークスキル知らんな?」

憧「したことないっつってんでしょ」

友香「まぁ(頭が)ゆるふわなのは容易に想像できるんでー」

泉「いま凄い大事な部分が略されたような気がするんやけど」

憧「風邪ひかなさそうだしね」

泉「それボカしてるようでいてストレートに馬鹿にしてるやつやからな?」

憧「じゃあいい加減ノースリーブ止めなさいよ……見るからに寒そうだから……」

泉「冬はちゃんと普通の服着てるけど!?」

友香「そんな、泉がノースリーブをやめるなんて怜センパイが太ももフェチ辞めるレベルの事件なんでー!?」

泉「アレレベルなんか私のノースリーブ!?」

怜「先輩をアレ呼ばわりとは偉ろなったもんやな泉ぃ?」

泉「なんでいきなり居てはるんですか先輩!?」

人の体温 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ido


友香「……ん……でー……」 ウトウト

浩子「なんや、おねむの時間か」

宥「友香ちゃん友香ちゃん、こんなところで寝たら風邪ひいちゃうよぉ」 ユサユサ

友香「……ねむ…………」 ウトウト

浩子「こらあきませんわ、こいつここで寝る気や」

宥「むー……」

浩子「どうしましょ? まぁ別に一、二時間くらい寝かしといても……」

宥「ずるい! 私も一緒に寝る!」 毛布ガバー

浩子「ずるいてなに!?」

友香「ん……」 ムニャ

宥「ふふ、あったか~い、おやすみ~……」 ナデナデ

浩子「え、ちょ、松実先輩、練習メニューの打ち合わせは」

宥「……く~…………」 ムニャムニャ

浩子「……………………………………おやすみ~……」

浩子「…………なんやこれ」




泉「おはようござ~……」 トビラガチャー

浩子「ん、泉これなんとかせーや」

泉「は? これ?」

宥「……ぬく…………むにゃ……」 ZZZ

友香「……ん~…………」 ZZZ

泉「………………えっと」

浩子「これ」

泉「そういえば絹恵さんと井戸掘りにいく約束してたん思い出しましたわ」 クルッ

浩子「青年海外協力隊かなんかかアンタは」 ガシー




泉「いやまぁ冗談はともかく、二人ともぐっすりですねぇ」

浩子「マイペースやわホンマ」

泉「私やったら部室で寝てたら色々悪戯されそうでよう眠れなさそうやな……」

浩子「そらもう額に花牌のどれか書いて写真撮るわ」

泉「なんでこんなことで花牌とか絵心無駄に発揮してくるんですか」

浩子「そらもう後輩に対する愛情の発露よ」

泉「愛の形が歪みすぎている」

浩子「冗談やろ冗談、早よメニュー作り手伝ってや」

泉「はいはい…… でも普通一年に練習メニュー作らせんでしょ……」

浩子「一年は一年でも大学一年やったら甘えは許さん」

泉「まぁええですけど……」

宥「いいよぉ~…………」 ムニャムニャ

泉「寝言タイムリーやな!?」 ビクッ




友香「……ん、あ」

泉「お、起きたか」

友香「……えと、あー、ご、ごめんなさい?」

泉「なにが?」

友香「れ、練習メニュー考えてた途中で寝ちゃったんで……」

浩子「終わったしええよ、森垣に相談したかった部分は終わってたし、作業も泉が手伝ってくれたしな」

泉(素直に褒めてくれる船久保先輩って、なんかキモチ悪いわ……)

浩子「あ゛あ゛ん゛?」

泉「先輩、20歳の女性がしちゃいけない表情してます先輩」

友香「ごめんね泉、あとで何かごちそうするんでー」

泉「ええって別に気にせんでも」

浩子「それより森垣、寒うなかったんか? 起きとったうちも結構肌寒い感じやったんやけど」

友香「いや、むしろ暑いくらいで、それで目が覚めたんでー」

泉「いやいや、船久保先輩ともあろう人が、そんな心配いらんでしょ」

浩子「え? なんで?」

泉「……」 チョイチョイ

浩子「……?」

宥「んぅ~…………あったかくない……湯たんぽぉ~……」 ZZZ

浩子「…………」

泉「…………」

友香「…………」

浩子「…………森垣、もうちょい寝とくか?」

友香「…………いや、毛布もってきます」

泉(普通の敬語!?)

くつろぎの和室 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

20080613080316


友香「最近知ったんだけど、畳ベッドなんてものがあるらしいんでー」

泉「畳ベッド? なんやねんそれ」

友香「なんか、普通のベッドの板のところが畳になってて、その上に布団を敷くんだって」

泉「へぇー、なんか二度手間っていうか、それベッドの意味あるんかな」

友香「こう、日本人の心! みたいな」

泉「いや流石にそれだけの理由で畳使わんやろ、何か深遠な理由があるに違いない」

友香「説明しよう! スーパー日本人は畳の上で寝ることで、大往生を遂げることができるのだ!」

泉「スーパー日本人って何!!? っていうか『畳の上で死ぬ』ってそれ一種の慣用句やからな!?」




那岐「畳は通気性が良いからな、寝るときの湿気を逃がすことができるんじゃないか」

泉「あ、部長」

友香「おつでーす!」

那岐「うん、お疲れ様」

泉「でも畳ってそんなに通気性ええんですか?」

那岐「なんといっても畳表は植物だからな」

泉「ああ、なるほど」

友香「タタミオモテ?」

泉「畳は木の板に、なんて言ったらええんかな、ござみたいなのを巻いて作んねん、その巻くのが畳表な」

那岐「畳表はいぐさという植物で作られていてな、加工にはそれはそれは時間と労力がかかるそうだ」

友香「へぇー! 畳ってそんなに手のかかるものだったんでー」

泉「快適な住環境のため、昔は裏で職人が頑張って作ってたいうことやな」

那岐「うむ、表あるところ、また裏もある…… ということだな、畳表だけに」

泉「なんで魔王が最期にやられる時みたいなわけわからんこと言ってるんです?」




友香「そういえば家には畳がないんでー」

泉「うちもやな、全部フローリングや」

那岐「うーん、畳は いいぞ」

友香「新免センパイの家には畳あるんです?」

那岐「ああ、この季節なんかは、あえて冷房をつけないで寝転がったりしてるな」

泉「部長ってきっちりしてるから、家だと結構ダラダラしてたりしてるんちょっと意外かも」

那岐「家でまできっちりしてたら疲れてしまうだろ」 ハハハ

泉「違いないっすわ」 ククク

友香「泉は家だけじゃなくていつもダラダラしてるでしょー」

泉「いやそれお前だけには言われたないで!?」

那岐「はっはっは」

泉「いや否定してくださいよ部長!」

那岐「はっはっは」

泉「なにわろとんねんこの人ォ!?」

日本人の心 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

misoshiru

友香「松実センパーイ、大丈夫デスかー?」

宥「だ、だだだ大丈夫だよゆゆ友香ちゃん」 ガクガクブルブル

絹恵「このコンビニの中、冷房効きすぎてますね」

宥「さ、寒い……」 ガタガタブルブル

絹恵「あかん、震えすぎて影分身みたいになっとる」

友香「残像だ」

絹恵「また残像なのか!?」

宥「あ、あったかくない~」 フルフル




宥「う、うう、ごめんね、ちょっと外で待ってるね……」 フラフラ

友香「温かいコーヒーとか買った方がいいデスか?」

宥「う、うん、できればお願いしたいかも」

絹恵「そんじゃちょっと待っとってくださいね」

宥「ありがと~」 ウイーン アリガトヤッシター

絹恵「………………」

友香「……? どうかしましたか?」

絹恵「いやー、この季節にホットコーヒーとか、いくらコンビニとはいえ置いてるんかなって」

友香「無かったらインスタントコーヒーにお湯入れて持っていけばいいんでー!」

絹恵「ああ、なるほど、友香ちゃん頭ええなぁ!」

友香「へへーん!」 フンス

絹恵「今日も絶好調やね友香ちゃんのドヤ顔」

友香「ええっ、私いつもそんなにドヤ顔してないんでー!!?」 プンスコ

絹恵「しとるしとる」

友香「してませんー!」 プンスコ




絹恵「でも、普段コンビニでインスタントコーヒーとか買わんしな…… どこに置いてんねやろ……」 キョロキョロ

友香「……あ、愛宕センパイ! コレ! あった!」

絹恵「ん、おお、見つけんの早い! さっすが有能やで友香ちゃん! デキる女は違うな~!」

友香「そ、そんなに褒められると照れるんで~」 テレテレ

絹恵「で、どれどれ? インスタントの」

友香「コレ! インスタントの! しじみの味噌汁!」

絹恵「しじみだったら僕たちの世代ってみんな良いって知ってますからねーってアホかあああ! なんでや!」

友香「お、おお、ノリツッコミなんでー」

絹恵「友香ちゃんなんでいきなり味噌汁持ってくるん!?」

友香「このお店インスタント味噌汁だけで20種類くらい置いてあったから、つい……」

絹恵「無駄にメニューが充実!? なんでインスタント味噌汁にそんなこだわり見せてくるんこの店?!」

友香「私は普通に豆腐とわかめにしようかなぁ、それともあさり…… うーん、どっちを買うか迷うぜ☆」

絹恵「普通に選んどる!? ちょ、友香ちゃんいい加減コーヒーを……」

友香「愛宕センパイは何にします? なめこ? ほうれん草? ごま豆乳なんてのもあるんでー」

絹恵「…………あおさの味噌汁で」

友香「はーい、それじゃまとめてレジに持ってくんでー」




宥「ありがとう絹恵ちゃん、友香ちゃん、お味噌汁あったかくて美味しいよぉ」 ズズズ アッタカーイ

友香「喜んでもらえて何よりなんでー」 ゴクゴク

絹恵(味噌汁正解やったんか…… もうなにがなんだかよう分からん…… 美味しいけど……) ズズズッ

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード