今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

浅見花子

おてつだい【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kozara

誓子「なんだか最近雨が多いわね」

絃「そうだね、洗濯物が溜まっちゃう……」

花子「あれ、イトちんって実家住みじゃなかったの? 洗濯?」

絃「実家だけど家事のお手伝いはしてるから」

花子「うわっ、偉っ……まぶしすぎるっしょ……」

誓子「そっちは実家だからってだらけすぎよ」

花子「私を働かせたら大したもんですよ」

絃「いっそ清々しいまでに胸を張ってニート発言したね……」

誓子「花子らしいと言えばらしいけどね」

絃「やる気出せば料理とかも色々できるのに…… もったいないよ花子ちゃん」

花子「家事なんて出来る人がする、それでいいんだよ」

誓子「それ普段から家事してる人が言うなら分かるんだけどね……」

花子「『牌より重いものを持ったことがない女』という希少価値はぜひとも継続していきたい」

誓子「言うほど希少価値かしらそれ……」

絃「でもこの間花子ちゃん、月刊少年ガ○ガンを手のひらの上にいくつ積めるかって遊んでなかった?」

花子「ああ、そいえばそんなんやったね、5冊のせたら手首がイカれるかと」

誓子「なに変なことやってるのよ二人して……」

絃「つまり『月刊少年ガン○ン5冊より重いものを持ったことがない女』こと浅見花子! ということだね!」

花子「なんだか我ながら一気に微妙な感じになったな」

誓子「とりあえずすごく重そうということは伝わってくる」




花子「そういえばこの中だと一人暮らしはチカりんだけか」

誓子「そういえばそうか、実家住み羨ましいわね……」

花子「おいおい褒めるなよ~」

誓子「少なくとも褒めてはいない、断じて」

絃「誓子ちゃんは家事サボったりしてない?」 クスクス

誓子「自分がしないと誰もしてくれないもの、嫌でもするわよ」

花子「そうか、そうやって自分を逆境に追い込むことでチカりんにも家事スキルが開花したわけか」

絃「やらないといけないっていうのはやる気を出すにはいい方法かもしれないね」

誓子「……ちょっと待って、それなんか元々私が家事やらない子みたいじゃない?」

花子「チカりんは意外とそういうのやらないタイプでしょ、ハナピー知ってるよ」

絃(鼻ピー……)

誓子「そんなことないわよ! まったく失礼ね!」 プンスコ

花子「えー? それじゃ例えば何やってた?」

誓子「……………………ご飯の時にお醤油のお小皿を並べたりとか……」

花子「小学生か」

絃「小学生だね」

誓子「い、いまはちゃんと家事してるから! 掃除洗濯してるし料理だってしてるもん!」

花子「はいはい(優しい目」

絃「うんうん(優しい目」

誓子「もおおおお!」




もっと燃えるがいいや 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kuki

花子「は~、最近クッキー作ってないわ~」

明華「はっはっは、まるで普段から作ってるかのような言い方を」

花子「潜在的に失礼な」

尭深「先輩のおうちってオーブンなどがあるのですか?」

花子「あるよん、実家だし」

尭深「越谷にかまど文化があったとは知りませんでした」

花子「越谷を未開の地みたいな言い方してない!?」




花子「なんか扱い酷くね? 私がクッキー焼いてたっていいじゃん別に」

明華「いえ、そういうつもりでは……」

尭深「普段そういうお話をあまりされなかったので、そういうイメージが出て来なくて、すみません」

花子「そこまで言うなら今度焼いて持ってきてあげよっか?」

明華「それはいいですね! 楽しみにしてます!」

尭深「美味しいお茶を用意して待ってますね」

花子「ふん! 美味しくて手のひらリバースしても知らねーかんな!」

尭深「普通にリバースしたりしないといいんですけどね」

花子「信用なさすぎでは!?」




~ 数日後 ~

花子「ほら、焼いてきた」

絃「え、な、何を? 家?」

花子「酷いな!? クッキーだよ!? 明華たちが欲しいっていうから作ったんだって」

明華「おお、お待ちしてました! さっそくお茶にしましょう!」

尭深「渋めの茶葉用意しておきましたから」 コポポ

花子(お茶淹れるのはええ)

絃「わー、楽しみっ!」

花子「ほら、大目に焼いてきたから人数分あるよ」

明華「ではいただきます♪」

尭深「…………ふむ、これは」

花子「ど、どう? わりとうまく出来た方かなって持ってきたんだけど」

明華「えっと、うん、普通に美味しいです」

尭深「そうですね、普通に」

絃「特に文句を言う隙もなく美味しいね」

花子「なんで文句を言う前提のテイスティングしてんの……?」

尭深「いえ、浅見先輩ならここで一つボケを挟んできてくれるかなと」

花子「なにその妙な信頼……」




美味しい学食は何でも美味しい 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

carry_gaku

花子「よーす」

京太郎「あれ、浅見先輩、うっす」

花子「珍しいじゃん、学食で会うなんて」

京太郎「あー、まぁそうですね、俺あんまり学食来ないもんで」

花子「それそれ、いつも弁当食ってるじゃん、なんで今日は違うん?」

京太郎「それは――――」

明華「すみません京太郎、お待たせして……おや、花子さん」

花子「おっす」

京太郎「明華先輩に賭けで負けてご飯を奢ることになりまして……」

花子「えー、学食で? 奢り? そんなだからモテないんだよ京太郎」

京太郎「事情も聞かずにいきなり当たりが強くないですか!?」

明華「京太郎はモテないのではなくてモテようとしてないのだと先日自分で言っておりましたよ」

京太郎「なんでそういう余計なことを最適なタイミングでバラすんですか!?」




京太郎「折角奢ろうっていうのに酷いですよ明華先輩……」

明華「ふふ、申し訳ありません」

花子「いやーでも悪いね! 私までごちそうになっちゃって」

京太郎「浅見先輩にまで奢るとは一言も言ってないですけど」

花子「酷い! いくら明華が可愛いからって先輩差別は良くないぞ!」

京太郎「ふふはは! 奢らせたければ賭けで俺がベコベコになるまで勝ってから言ってもらおうか!」

明華「あまり胸を張って強気で言う内容ではないですよ京太郎!?」




花子「っていうか賭けって、何やったの? あまり麻雀部として人様に言えないようなことはちょっと」

京太郎「なっ……」

明華「そんな、花子さんが年長者の威厳のようなものを……?」

花子「年長者だし部の役職もちだし!? 君ら私に対してどんなイメージ持ってんだ……」

京太郎「いや、だって、ねぇ?」

明華「私は花子さんもやればできる子だと信じていましたよ」 ニコッ

花子「……いやそれ保護者目線だよね、完全にやんちゃ坊主扱いしてるよねそれ」

京太郎「はっはっは、なにを馬鹿な、レディをそんな扱いにするなど、紳士の振る舞いではありません」キラッ

花子「まぁ別にいいけど……で、賭けって、なにやったの」

明華「大したことはしていないですよ、どちらが早くレポートを書き上げるか勝負していたのです」

京太郎(スルーされた)

花子「え? 同じ授業で? でも二人学年違うくない?」

京太郎「暇つぶしに取ってた音楽の授業で一緒だったんですよ」

明華「毎年やっているカリキュラムが違うと聞いたので、単位にはなりませんが聴講していたんです」

花子「むしろ音楽とかいう授業があることを初めて知った…… なにソレ、大学でそんなんあんだ」

明華「音楽はいい…… なんとかの生み出したなんとかの極みですよ」

京太郎「先輩、なに一つ情報がない名言になってます先輩」




京太郎「それで、なに食べますか明華先輩」

明華「そうですね…… やはり安定の肉うどんでしょうか」

花子「カレーも結構美味しいよ」

京太郎「ここの食堂ってカレーに異常なこだわりありますよね、ライスもサフランだし」

明華「美味しいのは知っているんですが、量が尋常ではないので……」

京太郎「あー、確かにそうですね、それじゃ俺が注文しますから小皿にでも分けましょうか?」

明華「それはいいですね!」

花子「なんだそのイケメンムーブ、本当にガースーか?」

京太郎「俺は元々イケメンですよ」

花子「イケメンは違うなーあこがれちゃうなー」

京太郎「それほどでもない」

明華「まぁ、それほどでもないというのは確かにそうかもしれませんね」

京太郎「お約束から梯子を外されると困っちゃうんですけど!?」

受け継がれしモノ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

haiao


花子「自動卓の牌の色が青い方が勝率が高い気がする」

明華「ほう、続けてください」

花子「なんだろうね、やっぱり青は高貴な色、すなわち私にふさわしいという方程式が成り立つんだろね」

明華「なるほど、とてもよく分かります、やはり選ばれるべくして選ばれたというわけですね」

花子「ノブレス・オブリージュ的なね」

明華「勝つのが義務という訳ですね」

ソフィア「……なに話してるんだかあのお馬鹿たちは」

絃「あ、あはは……」




花子「お馬鹿とはなんだねソフィ、私たちの真面目な考察に茶々を入れるなんて」

明華「高貴な心を忘れてはいけませんよ」

ソフィア「真面目要素なんて欠片もなかっただろ」

花子「いやだって牌の色がさ」

絃「それだったら青に統一する?」

花子「えっ」

明華「えっ」

ソフィア「えっ」

絃「そうと決まれば予算を組まなくちゃね、とりあえず顧問の先生に押印をもらってこなくちゃ」

花子「ちょ、ちょっとまって、実はそこまで真面目に言ってたわけじゃないかなーって」

明華「そっ、そこまでお金をかけてまでやるようなことでは」

ソフィア「日和るの早すぎるだろお前ら」

絃「冗談だってば」




絃「でも実際のところ、牌の絵柄が薄れてるのがあるから、買い換えたいなと思ってたんだ」

ソフィア「あ、そうだったんだ」

明華「そういうものってバラで売っているのではないですか?」

絃「うん、売ってはいるんだけど、ひとつだけ新しいものにしてもガン牌みたいになっちゃうから」

花子「ああ、それはまぁ目立つかなぁ」

絃「だから牌だけ一セットまるごと買っちゃってもいいかなって」

ソフィア「結構長いこと使ってたからなぁ、最後に入れ替えたのってうちらが入学した直後くらいだっけ」

花子「そだね、一番古いのなんか何年前からあるかわかんないし」

明華「け、けっこう昔からあったのですねアレ」

花子「そう、先輩方の血と汗と涙と手垢がしみこんだ備品なのさ」

ソフィア「その言い方だとなんか汚いんだが」

絃「汚いと言えば一緒においてあるトランプとかもけっこう……」

花子「そう、先輩方の血と汗と涙と手垢がしみこんだ備品なのさ」

ソフィア「あれ大富豪にしか使ってないんだけど血とか出る要素なくないか……?」

明華「甘いですよソフィ、大富豪ほど血で血を洗うという慣用句が似合う競技もそうありません」

ソフィア「何言ってんだ麻雀の留学生」

絃「次の突発部内戦こそは負けないからね花ちゃん……!」

ソフィア「霜崎ィ!? っていうか部内戦ってなんだよいつそんなのやってたんだよ麻雀部で!?」

花子「拗ねないでよ、次はソフィが居る時にやるからさ」

ソフィア「そういうことを言ってんじゃないんだよ麻雀をしろォ!」

業界の闇 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
SS150本投稿を達成してました

map_01



恵「……ん? あれって真屋さん?」

花子「お、本当だユキりんじゃん、うーい」

由暉子「花子先輩、恵さん、お疲れ様です」

恵「今日は部活来れるんかい?」

由暉子「はい、今日は最後まで部室に居られます」

花子「最近あんまり来てないから、チカりんが忙しいのかって心配してたよん」

由暉子「……ご心配をおかけして申し訳ないです」

恵「いや真屋さんが凄く頑張ってるのは皆テレビで知ってるしねェ…… 悪いことしてるわけじゃないんだから」

花子「チカりんが騒いでるのは単に親バカなだけだと思うけどね~」

恵「親じゃないです」

由暉子「? 誓子先輩は私の親だったのですか?」

恵「親じゃないです」




由暉子「ふふ、高校の時からずっと、過保護にしてもらっちゃってるんです」

恵「過保護とか言ってる割にうれしそうに見える」

由暉子「過保護うれしいですよ?」

花子「……需要と供給成り立ってるじゃん」

恵「はぁ…… なんというか、真屋さんって後輩オーラが凄いよなァ」

由暉子「後輩オーラ……ですか?」

花子「あーそれは何となくわかる、なんというか、守ってあげたくなるっていうか」

由暉子「……そうなんでしょうか?」

恵「うん、なんというか庇護欲をかきたてられる」

花子「今『お前は俺のカキタレになるのだ』って言った?」

恵「どういう耳してんだっていうか色々最低ですねあんた!?」

由暉子(かき……柿の種? ですか?)

由暉子「わさびもいいですが、私は梅味が好きですね」

恵「こっちはこっちで何の話してんの!?」




恵「アイドルって色々地方にロケとかしたり?」

由暉子「たまーにグラビアを撮影に行ったりはします」

花子「ふぇー、そこだけ聞くと羨ましい限りっすわ」

恵「どこでやってんの? やっぱり沖縄とか、グアムとか?」

由暉子「………………………………九十九里です」

恵「…………えっ?」

由暉子「牌のおねえさんくらい有名ならともかく、私はプロ雀士でもないので……」

花子「……アイドル業界も大変なんだねぇ」

恵「えっ……えっ? もう十月も終わろうとしてるんだけど?」

由暉子「うふふ、わぁい九十九里、ゆきこ九十九里大好き」

恵「真屋さん!? 気をしっかり保って! 虚空を見つめんな!」




由暉子「とりあえずそういう場合は、雪景色の中で水着を着せられるよりはマシと思ってやっています」

恵「命の危険がありそうな絵面と比べてマシと言われても」

花子「あー、なんかそれってニッチな需要があるらしいよ、雪景色の水着グラビアって」

恵「ええ……マジですかい…… 業が深すぎて来世に期待出来なくなるやつでしょソレ」

由暉子「肌が白い景色に映えるので見る分にはいいのかもしれませんね」

花子「じゃ自分が撮られるのは?」

由暉子「嫌です(ニコッ」

花子「道産子で名前がユキなのに雪は苦手かぁ」

恵「苦手とかそういう次元の話じゃないし、道産子を強化人間かなにかと勘違いしてませんかね……」

由暉子「もう疲れたよパトラッシュ……」

花子「うん、それあんまり洒落になってない」

由暉子「うふふふ」

恵「えっと、げ、元気だしなよ、これから部室で練習だし、私のこといっぱいトばしていいから!」

花子「そっちはそっちでトばされることを当然のように受け入れるなよ!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード