今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

百鬼藍子

人生悪待ち 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

doyahisa


久「……さ、どっちだ?」

藍子「…………」 キーン

久「…………」

藍子「……右かな?」

久「……はぁ、本当凄いわねその能力」 セイカーイ

藍子「いやぁ、手放しで褒められると照れますな」 テレテレ

白望「反響定位、だっけ、音で物の形がわかるってやつ」

藍子「そーですそーです、手を後ろに回そうがどっちに持ってるか丸わかりですよ」

久「そんなにこのイチゴが食べたかったの? 藍子ったらいやしんぼね……!」

藍子「当てさせといてこの言いぐさ」

白望「私のイチゴ食べる?」 ハイアーン

藍子「いや別にイチゴが欲しいから当てられたわけじゃないんですけどね!?」

白望「いらないの?」 アーン

藍子「いりっ……ま、す、けどっ……!」

久(結局もらうのね)




藍子「イチゴには勝てなかったよ……」 モグモグ

久「あ、そういえばイチゴといえば、このあいだ飲み会で佐々野プロに会ったわよ」

藍子「え、佐々野って、あのちゃちゃのんですか?」

久「そう、廿日市の」

白望「…………ちゃちゃのん、って……?」

久「あ、知らない? 私たちと同級生のアイドルプロ雀士なんだけど、名前が佐々野いちごって言うのよ」

白望「同級生? じゃあインハイとか出てたの?」

久「いや、私たちと同じ団体戦Bプールで出てたでしょ…… 他の試合観てなかったの?」

白望「ダルい」

久「知ってた」

藍子「知ってた」




藍子「でも、そうか、二人とも高校の時に戦ってたんでしたっけ」

久「団体戦だから直接当たってはいないけどね」

白望「……まさか大学で一緒になるとは思いもしなかったけど」

久「あはは、まぁ、そうねぇ」

藍子「そう言えばなんでお二人はこっちの大学に来たんです? そんなに近くないですよね、二人とも」

白望「私は豊音とエイスリンがこっちのプロチームに入ることになったから、一緒なら楽が出来るかなって」

藍子「……え、楽できるからとか、そんな理由だったんですか」

白望「そうだけど」

久「ふふ、私前に姉帯さんに事情聞いたことあるけど、それだけが理由じゃないわよねー?」 ニヤニヤ

白望「」

藍子「えっ、他に何か理由があるんですか」

久「ふふふふふ、さーて、どうなのかしら? こ・せ・が・わ・さん?」

白望「…………あとで豊音とかに直接聞いて……」 ダルイ

藍子「なんでそこでぶん投げるの先輩!? 小瀬川せんぱーい!?」




白望「……そういう竹井はどうして、こっちに来たの」

藍子(露骨に話題を逸らしに来た)

久「ん、え、私? 私は単純にインカレで日本一になるためよ」

藍子「入学する時にそこまで考えてたんですか?」

久「いや、普通考えるでしょ…… むしろ一番考えるでしょ……」

藍子「私の場合は近くで麻雀部がある大学を探しただけなんで」

白望(選び方が雑)




白望「……? あれ、でも私達が入学した時って、うちの麻雀部そんなに強豪ってわけでもなかったんだけど」

久「最初から人数が多いとやりにくいしねぇ、それに将来性はあるってわかってたし」

藍子「将来性?」

久「そ、将来性」

白望「……どういうこと?」

久「さーてねー?」 フフーン

藍子「あ、だめだこれ、真面目に答える気のないやつだ」 カシャ

白望「まぁ、竹井が話す必要がないって思ってるんだったらそうなんだろうし、それでもいいけど」

藍子「とりあえず部長が調子のってドヤ顔してたってまこに写真送っとこうっと」 

久「なんでまこ!?? っていうかいつの間に写真撮ったの!!?」

白望「その画像あとで私にも頂戴、部の共有メールでみんなに転送しておくから」

藍子「分かりました!」

久「やめてえええええ!」

こうしたらもっと素敵だと思わない? 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

misudo


胡桃「ミ○ドでセールしてたからいろいろ買ってきたよ」 ドッサリ

藍子「でかした!」

星夏「凄ェ! 流石胡桃先輩ァ!」

胡桃「あの二人テンションおかしくない?」 ハイコレ

もこ「あ、ある意味、いつも通りだから、大丈夫……」 ゴチソウサマデス

藍子「もこがいつになく辛辣」

星夏「真実という名の刃がつらたん状態」




久「○スド? フレンチクルーラーある?」

胡桃「毎回取り合いになるから大目に買ってきたよ」

久「さっすが分かってる! 胡桃本当愛してる!」

胡桃「はいはい」

藍子「この間、臼沢先輩が何個か買ってきた時は凄かったからね……」

星夏「まさに血で血を洗う地獄絵図でしたね」

もこ「私は、エ、エンゼルクリームがいいな……」

星夏「オールドファッションいただきますね」

胡桃「はいはーい、どんどんもってっていいよー」

藍子「では私は担々麺を」

胡桃「ないよ!?」

久「何故そこで飲茶ッ!?」

星夏「きえろ、ぶっとばされんうちにな」

胡桃「違う、そっちじゃない」 




藍子「なんでですか! ミス○といったら坦々麺でしょ!?」 プンスコ

胡桃「藍子にはそうかもしんないけど、普通○スドからお土産で持って帰ろうってならないでしょそれ!?」

星夏「飲茶はテイクアウトできないって断られちゃうんで無理らしいですよ」

藍子「あ、そうなんだ、へぇー、初めて知った」

久「色々ツッコミが足りなさすぎるでしょ…… 誰かまこ呼んできて」

もこ「ま、まこさんは、今日はバイトがあるらしいので、お、お休みです、よ」

久「……神は死んだ」

藍子「Love is dead…」

胡桃「何故そこで愛ッ!?」

郷愁の味【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

※私はげんこつハンバーグを食べたことがありません(半ギレ

genkotu


藍子「あー、なんか急にハンバーグ食べたくなってきた……」

まこ「あんたさっきお昼食べたばっかじゃろ」

藍子「いやー、静岡県民はふとした瞬間に食べたくなるものなんだよ、げんこつハンバーグが」

久「げんこつハンバーグって、あれよね、静岡の『炭焼きレ○トランさわ○か』のハンバーグ」

まこ「そがぁな店があるんか、聞いたことないのう」

久「私も名前だけしか知らないんだけど、有名なお店なのかしら?」

藍子「静岡ローカルのチェーン店ですからね、私もこっち来てから久しく食べてないわー」

久「久を食べてない?(空耳)」

まこ「あんたが腐っとるんは耳か脳か」

藍子「たぶん両方じゃないかな」




久「そんなに美味しいの? その、げんこつハンバーグ」

藍子「こう、なんというか、野生の本能に訴えかけてくるんですよね」

まこ「なんじゃそら」

藍子「鉄板にまん丸のハンバーグを乗っけて持ってくるんだけど、それを目の前のテーブルで焼いてくれるの」

久「えっ、なにそれは」

まこ「最初の段階では焼けてないんか?」

藍子「そーそー、二つに切って、中心の赤い部分を鉄板に押し付けて目の前でジュー! って」

久「それはなかなかの迫力ね…… 聞いてたら食べたくなってきたかも」 

藍子「んー、でも静岡にしかないんですよね…… 今日は実家に帰ろうかなぁ……」

まこ「ええんじゃないか、何がきっかけでも、実家に顔を見せるんはええことじゃけん」

久「それじゃ、19時に駅に集合ってことでいい?」

藍子「…………ん・ん・んー???」

久「私、ハンバーグ、食べたい」

藍子「なぜ片言」

まこ「……百鬼はそのまま実家におればええが、あんたは帰りどうするんじゃ」

久「……藍子は久の困り顔を見て、見捨てる気持ちになったりは、しないんだよね?」

藍子「愉悦なら割と感じますけど」

久「なんで愉悦部なのよ! 」

まこ「その前に、なぜ一人称が名前呼びなんじゃ……」




藍子「ま、お泊り会ってことで別にかまわないですけどね、今更遠慮するような仲でもないですし」

久「良かった、藍子愛してる!」

藍子「はいはい、私も愛してマスヨー」

まこ(酷い棒読みじゃあ……)

藍子「まこも来るでしょ?」

まこ「ん、そうじゃな、わしもそこまで言われたらげんこつハンバーグとやらが気になってきたわ」

久「それじゃ着替えとか持ってくるから、また後でね! そこら中で派手にやったる!」 ガラッ

藍子「はいはーい、また後でー」

まこ「……なんちゅうか、すまんの、思い立ったら止まらない癖があるけぇ、あれは」

藍子「はは、それこそ今更でしょー、まこほどじゃないけど、私だってあの人との付き合いはそれなりだし」

まこ「まぁな」

藍子「それでも、なんだかんだで憎めないんだよねー、なぜか」

まこ「…………ふふ、そうじゃな」 ニコッ

久「ねぇ、いま私のこと褒める流れだったりした?」 ガラッ

藍子「うおおおおい!? 何でいきなり戻ってきたのこの人!?」

まこ「……こういうやつなんじゃ」 ハァ

恒例行事 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

cake

久「それでさぁ、やっぱり誕生日なんだからケーキが必要じゃない?」

塞「あ、それは私が作るつもりだったから大丈夫」

星夏「普通の料理はどうします?」

藍子「一応ケータリングのあてがあるんで、それを予約してあるよ」

まこ「んむ、清算は後ででもええか?」

藍子「っけーい!」

もこ「か、会場はここ、ですか?」

胡桃「部室じゃ後片付けとか面倒だし、私らの家でいいんじゃない?」

塞「そうだね、私もケーキの準備とか家においてあるし」

久「それじゃみんな、準備に取り掛かりましょう」

もこ「た、楽しみ……! シロさんの誕生日パーティ……!」

白望「……ねぇ」

胡桃「なに?」

白望「……それって私の誕生日の話?」

久「そうだけど?」

白望「……私が寝てる横で相談してて良いやつなの、それ」

塞「ネタバレとか気にする?」

白望「しないけど」

藍子「しないんかーい」

胡桃「まぁ毎年やってるからねぇ、誕生日パーティ」




久「プレゼントも気合入れて用意してあるから、楽しみにしててね☆」

まこ「どうしてあんたはそう胡散臭い言動ばかしなんじゃ……」

白望「……ダル」

星夏「まぁまぁ、皆で色々用意してるのは本当ですから」

白望「文堂が用意してくれたプレゼントってカードのことじゃないよね」

星夏「ちちちちちがいますよ」 カタカタ

藍子「いっそ嘘臭いくらい動揺してる」




胡桃「そういうわけだから、今日はシロが主役だからね!」

白望「主役なんか前線に出るまでもないんじゃないかな」

久「それは流石に許されないからダメー」

白望「まぁ、冗談だけど…… それじゃあ私は時間までどうしてたらいいの?」

塞「会場は家だから、適当に時間つぶして17時くらいに帰ってきて」

白望「……外に出たくないからここにいる」

胡桃「知ってた」

星夏「それじゃ、私と一緒にショッピング行きませんか?」

久「プレゼント用意しなおすとか?」

星夏「ちちちちちちがいますよ」 カタカタ

まこ「もうやめたりんさいや……」

星夏「いや、あの、ネタっぽくノッてただけで、本当に違いますからね!?」

まこ「ええんよ、無理せんで」

白望「……えっと、それじゃ一緒に駅前にでも行こうか?」

胡桃「シロが自分から買い物に連れ出した!!?!??」

星夏「優しさが痛い……」




久「―――で、プレゼントは買えたの?」

星夏「いやだから最初から別の用意してますって…… どうぞ、レンジで暖められるアイマスクです」

白望「ありがとう」

胡桃「これでプレゼントは全員渡したよね?」

豊音「渡したよー!」

塞「それじゃ、電気消してー? いまケーキ持ってくるから」

もこ「き、きた……!」 ドキドキ

塞「はい! それじゃシロ、ろうそく吹き消してー」

白望「…………」

ケーキ「…………」 メラメラメラ

白望「……ふうぅうううう~~~~~……」

全員『誕生日、おめでとう!!!!』

白望「…………」

エイスリン「? シロ、ドウシタノ?」

白望「…………ちょっと酸欠になったから横になって良い?」 グデー

星夏「隙あらば休もうとしてくるこの人」

白望「AMSから、光が逆流する…!」

久「いやなんか本当に死にそうになってるけど!?」

エイスリン「シロ、オキテ!」

白望「わかった」 スッ

胡桃「なんでエイちゃんの言うことは素直に聞くの!?」

ほとんど無害 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

normal


もこ「…………」

もこ「……うう」 アタマズキズキ

まこ「……なんじゃ、頭でも痛いんか?」

もこ「えっ、あっ、そ、そんなことない、です」

まこ「見るからに顔色が悪かろうによう言うわ、ええから今日は早う帰りんさい」

もこ「…………、うう、ごめんなさい……」

まこ「心配せんでもええ、体調が悪いくらい誰にだってあることじゃけ、肝心なんはさっさと治すことってな」

もこ「は、はい、それじゃ、ち、ちょっと帰りますね」

まこ「送ってっちゃろうか?」

もこ「わ、悪いから、大丈夫、です」

まこ「遠慮せんでもええんに」

もこ「だって、まこさん、さ、さっきスーパーの特売の時間だって話をしてたから」

まこ「いやそれ流石にそっち優先させるほうが人としてどうかって話にならんか?」




藍子「…………そんで、帰らせたって?」

まこ「ああ、流石にあそこまで調子悪そうにしとったら可哀想じゃし」

藍子「んー、疲れでも溜まってたんかね」

まこ「まぁ、見た感じそこまで深刻でもない様子じゃったし、今の段階ではそこまで心配せんでもええじゃろ」

藍子「あとでお見舞いに行ったげよ…… まこも来る?」

まこ「見舞いはええんじゃが、あんまり遅うなってから行っても…… あんなぁ確か実家暮らしじゃろ」

藍子「ああ大丈夫大丈夫、私、もこん家は遊びに行き過ぎて、もこパパもこママにはフリーパスだから」

まこ「それ色んな意味で大丈夫なんか……」




まこ「仲がええとは思っとったが、それほどとは知らんかった」

藍子「ん? まぁ高校の時からだからね」

まこ「でも住んどる所結構離れとるじゃろ、どうやって仲良くなったんじゃ」

藍子「ま、色々あってね、地区大会で困ってるところを助けたりとか」

まこ「なるほど、心の弱ったスキにつけこんで仲良くなったんか」

藍子「いい話してたのに、この謎のレッテル張りほんとさぁ」

まこ「かかか、冗談じゃ冗談」

藍子「まこってさぁ、私に対してはあんまり遠慮しないよね、いや別にいいんだけどさ」

まこ「カテゴライズ的には久とかと同系統の扱いじゃな」

藍子「ええー、それ喜んでいいのかゲンナリしたらいいのか分かんないんだけど」

久「なんでよ、喜びなさいよ」 ヒョコ

藍子「いや予兆もなくいきなり登場してくるような人と同じって言われても喜べないでしょ」

星夏「なんであの人らいきなり現れたのに普通に会話繋げてんですかね、やっぱり同系列ですよあれ」 ヒョコ

まこ「あんたもじゃあんたも」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード