今日の一言:寒すぎてそういうSSしか書けなくなってる  (1/25)

真屋由暉子

レギュラーだーれだ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

kinggame


絃「それじゃ、来週の練習試合には参加ということでいいの?」

由暉子「はい、よろしくお願いします」

誓子「ごめんね絃、急にメンバー変更なんて」

絃「大丈夫だよ、もともと相手に比べてこっちの人数がひとり足りなくてどうしようかって思ってたから」

由暉子「でしたらよいのですが……」

誓子「一人だけ余るっていうのもなんだか可愛そうね、人数が合って良かったわ」

絃「相手の部長さんが『余った子は隅で折り紙しててもらうから気にしないで』って言ってたんだけど……」

由暉子「絵面が悲惨すぎませんか」




絃「真屋さん練習試合でどのポジションに出たい? シングル? コンビ? それともチーム?」

由暉子「空いているところで構いませんよ?」

絃「いや、まだ特に決まっているポジションがあるわけじゃないから、希望があれば聞いてあげられるよ」

由暉子「……そうなんですか、それではちょっと考えてみます、明日まででよろしいでしょうか?」

絃「はーい」

誓子「リーグ公式戦までまだ時間があるって言っても、そろそろポジション固定した方がいいんじゃない?」

絃「う…… だ、だって、みんなぐんぐん成長して強くなってるから…… 良い意味で悩ましくて……」

由暉子「……………………」

誓子「ふふ、ユキが来ない間にみんなすっごく強くなってるんだから」

由暉子「わ、私も強くなっていますよ!」

絃「うーん、ポ、ポジションどうしよう……いっそのことくじ引きとかでもいいかなぁ……」

誓子「こらこら、しっかりしなさい部長」

絃「じゃ、じゃあ…… 大学生らしく王様ゲーム、とか……?」

誓子「誰がくじ引きの競技性を上げろと言ったの」

由暉子「結局王様が決めることになるだけの気がしますが」




誓子「それにしても、ユキが練習試合に出るって結構久しぶりじゃない?」

由暉子「はい、練習試合の日のスケジュールが空いてくれてよかったです!」

絃「最初は行けないって言ってたね、予定がなくなったの?」

由暉子「それが、瑞原プロと一緒のロケがあったのですが、瑞原プロの都合が合わず延期になりまして」

誓子「へー、仕事の予定を動かすなんて何かあったのかしら……?」

絃「牌のおねえさんって仕事に真摯で丁寧だっていう噂だもんね」

由暉子「なんでも、チームの後輩の結婚式にどうしても出なければならないんだとか」

誓子「……あっ(察し)」

由暉子「瑞原プロがわざわざご自分でお詫びに来てくださったんです」

誓子「かわいそうな瑞原プロ……」

絃「きっと空の向こうから見ていて下さっているよ」

誓子「死んでないから」

由暉子「そういえば……心なしか目が虚ろだったのは何故なんでしょう……」

誓子「そっとしといたげなさい」

業界の闇 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
SS150本投稿を達成してました

map_01



恵「……ん? あれって真屋さん?」

花子「お、本当だユキりんじゃん、うーい」

由暉子「花子先輩、恵さん、お疲れ様です」

恵「今日は部活来れるんかい?」

由暉子「はい、今日は最後まで部室に居られます」

花子「最近あんまり来てないから、チカりんが忙しいのかって心配してたよん」

由暉子「……ご心配をおかけして申し訳ないです」

恵「いや真屋さんが凄く頑張ってるのは皆テレビで知ってるしねェ…… 悪いことしてるわけじゃないんだから」

花子「チカりんが騒いでるのは単に親バカなだけだと思うけどね~」

恵「親じゃないです」

由暉子「? 誓子先輩は私の親だったのですか?」

恵「親じゃないです」




由暉子「ふふ、高校の時からずっと、過保護にしてもらっちゃってるんです」

恵「過保護とか言ってる割にうれしそうに見える」

由暉子「過保護うれしいですよ?」

花子「……需要と供給成り立ってるじゃん」

恵「はぁ…… なんというか、真屋さんって後輩オーラが凄いよなァ」

由暉子「後輩オーラ……ですか?」

花子「あーそれは何となくわかる、なんというか、守ってあげたくなるっていうか」

由暉子「……そうなんでしょうか?」

恵「うん、なんというか庇護欲をかきたてられる」

花子「今『お前は俺のカキタレになるのだ』って言った?」

恵「どういう耳してんだっていうか色々最低ですねあんた!?」

由暉子(かき……柿の種? ですか?)

由暉子「わさびもいいですが、私は梅味が好きですね」

恵「こっちはこっちで何の話してんの!?」




恵「アイドルって色々地方にロケとかしたり?」

由暉子「たまーにグラビアを撮影に行ったりはします」

花子「ふぇー、そこだけ聞くと羨ましい限りっすわ」

恵「どこでやってんの? やっぱり沖縄とか、グアムとか?」

由暉子「………………………………九十九里です」

恵「…………えっ?」

由暉子「牌のおねえさんくらい有名ならともかく、私はプロ雀士でもないので……」

花子「……アイドル業界も大変なんだねぇ」

恵「えっ……えっ? もう十月も終わろうとしてるんだけど?」

由暉子「うふふ、わぁい九十九里、ゆきこ九十九里大好き」

恵「真屋さん!? 気をしっかり保って! 虚空を見つめんな!」




由暉子「とりあえずそういう場合は、雪景色の中で水着を着せられるよりはマシと思ってやっています」

恵「命の危険がありそうな絵面と比べてマシと言われても」

花子「あー、なんかそれってニッチな需要があるらしいよ、雪景色の水着グラビアって」

恵「ええ……マジですかい…… 業が深すぎて来世に期待出来なくなるやつでしょソレ」

由暉子「肌が白い景色に映えるので見る分にはいいのかもしれませんね」

花子「じゃ自分が撮られるのは?」

由暉子「嫌です(ニコッ」

花子「道産子で名前がユキなのに雪は苦手かぁ」

恵「苦手とかそういう次元の話じゃないし、道産子を強化人間かなにかと勘違いしてませんかね……」

由暉子「もう疲れたよパトラッシュ……」

花子「うん、それあんまり洒落になってない」

由暉子「うふふふ」

恵「えっと、げ、元気だしなよ、これから部室で練習だし、私のこといっぱいトばしていいから!」

花子「そっちはそっちでトばされることを当然のように受け入れるなよ!?」

鈍感×サプライズ 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

happybirthday1


揺杏「こんちわーっす」 ガラッ

誓子「あら、おはよう」

由暉子「おはようございます」

揺杏「お、ユキいるじゃーん、めずらしい」

誓子「揺杏だってそんなに出現頻度かわらないでしょ」

揺杏「いや、もともとこの大学の部外者だし私」

由暉子「今日は誓子先輩の誕生日ですから、大学に行かない選択肢がありません」

揺杏「まぁ私もそんな感じだけどね、どうよ、この可愛い後輩っぷりに感動したっしょ?」

誓子「恩着せがましく言われなければ感動してたかもしれないけどね…… ま、ありがと」




揺杏「ところで、ほかの部員の人たち、まだ来てないの? 部室に来るようにって連絡もらってたんだけど」

由暉子「実は私も、恵さんと京太郎くんから連絡をもらいまして」

誓子「私もなんだけど…… それが誰もいないのよ、部室に集まるようにってメール来てたのに」

由暉子「…………なるほど」

揺杏「……ああ、部室には、かぁ、なるほど」

誓子「……ん?」

由暉子「誓子先輩、今日って」

揺杏「ユキ待って、多分これ本当に気付いてないから、これ以上はやめといたほうがいい」

由暉子「は、はぁ……」

誓子「なに、気付いてないってなんのこと?」

揺杏「いや、良いんだよ、チカセンはチカセンのままで(慈愛の目)」

由暉子「私たちはそんな誓子先輩が好きなんです(慈愛の目)」

誓子「なんで二人とも急に目が優しくなったの!?」




誓子「な、なんなの……」

揺杏「いやいや大丈夫だってほら、そろそろ部長さんあたりから連絡がくるんじゃない?」

誓子「え? 絃から?」

由暉子「恐らく部室ではなくて、他の方の部屋で準備をしているんでしょうね」

揺杏「多分ね」

誓子「部屋? 準備?」




揺杏「お、と言ってる間に花子ちゃん先輩から電話きたわ、はーい? 岩館ですけどー?」

花子『お、その声の余裕出してる感じだともう感づいてる?』

揺杏「いやー、流石にバレバレっしょ、でもまだ本人気付いてないみたいだけど」

花子『マジかよ…… これじゃweの勝ちじゃないか!』

揺杏「んで、どこ行けばいいんすか?」

花子『タッツミーの部屋に来て、場所は確かユキりんが知ってるはずだから』

揺杏「ユキ、巽の家ってどこだか知ってる?」

由暉子「はい、何度かお邪魔したことがあります」

揺杏「はいはい、それじゃ今から向かうんでよろしくー」 ピッ

誓子「…………???」

揺杏「ほらほら、さっさと行くぞーチカセン」

誓子「え、う、うん……」

由暉子「ふふっ、おめでとうございます、誓子先輩」

アイドル地獄変 【咲-Saki- O大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ

dfafa


京太郎「おはよーす」 ガラッ

ソフィア「おー、おはよう」

誓子「え、あ、京太郎君か、おはよ」

京太郎「来て早々ガッカリされてるんですが俺なんかしました?」

誓子「あー、ごめんね、今日はユキが来るって聞いてたものだから」

京太郎「マジっすかウヒョー!」

ソフィア「ウヒョーてお前」

京太郎「いやだって! 普段めったに部活に来ないあの文字通り本物のアイドルが! 来るんですよ!」

ソフィア「事前に想定してた以上にテンション上がってて、いっそ清々しいくらい気持ち悪いぞ……」

誓子「……言わないほうが良かったかしら」



京太郎「まぁ茶番はともかく、珍しいっすね、部活に顔出せるなんて」

誓子「普段から仕事と授業で殺人的なスケジュールだからね……」

由暉子「申し訳ありません、私もなるべく時間を見つけて来るようにはしているのですが」 ヒョコッ

ソフィア「まぁ、忙しいだろうに顔を出してくれるだけでもありがたいよ」

誓子「実際忙しいのは私たちも分かってるしね…… あとユキ、いつから居たの」

京太郎「!!www!WWWww!!w???ww!!?Wwww?」

由暉子「来たのはつい今しがたです、某先輩に教わったオーラ消しの練習がてら侵入しました」 ドヤァ

ソフィア「部員なんだから次からは堂々と入れな」

誓子「バラエティに毒されてるの? 心配だわ……」

由暉子「はぁ、 気をつけます……?」



京太郎「やぁ真屋さん、お久しぶり!」 サワヤカスマイルー

ソフィア(態度の違いが露骨すぎんぞ)

誓子(態度の違いが露骨すぎる)

由暉子「……中身が絃先輩と入れ替わったとか、そういう」

京太郎「すげえ、これが本物のアイドルのマジボケ……!」

誓子「京太郎君もいい加減に落ち着きなさい、ユキだって部活中もアイドルやってたら疲れるでしょ」

ソフィア「アイドル扱いしないほうが楽なの?」

由暉子「それはまぁ、確かにそうかもしれませんね、私も部室で話していると楽しいですし」

京太郎「……そうだな、分かったよ、真屋さん」

由暉子「良ければユキと気安く呼んで下さい、えと、京太郎くん、同級生ですよね?」 ニコッ

京太郎「尊い……」

誓子「名状しがたい顔するのやめなさい」

京太郎「っと、じゃあ、えーと、ユキ、よろしくな」

由暉子「はい、宜しくお願いします」

京太郎「……今日俺、死ぬかもしれんな」

由暉子「あ、あの、突然虚空を見つめて何かと会話を始めたのですが」

誓子「ほっとけば大丈夫よ」



ソフィア「じゃあ、せっかく四人居るし、打とうか?」

誓子「ユキも麻雀でいい?」

由暉子「では、一局だけ……」

ソフィア「あ、なんか予定あったんだ、ごめんね無駄話してて」

由暉子「いえ、それが楽しいので」

京太郎「じゃあ早速起家決めを」

ソフィア「お、意外と復活早かったな?」

京太郎「女性をお待たせするなど紳士の振る舞いではありませんからね」 キリッ

誓子「席順適当にじゃんけんでもいい?」

ソフィア「かまわんよ、東南西北抜き出すのも面倒だし」

京太郎「無視しないデ!」



カチャカチャ カチャカチャ

由暉子「京太郎くんは麻雀お強いのですか?」

京太郎「いや、あんまりだなー、この部活で多分一番か二番に弱いよ」

ソフィア「一番と断言しないあたりが意地だな」 ククク

京太郎「なんぼなんでも上柿の奴に負けるわけにはいかないんですよ」 グヌヌ

誓子「上柿っていうのはユキたちの同級生の子で」

由暉子「恵さんですよね、何度か話したことが…… あ、ダブルリーチです」

京太郎「早くね!!?」

誓子「なんか能力使ったの?」

由暉子「いえ、偶然です」

ソフィア「豪運すぎっぞ!」

由暉子「たまたまで…… あ、すみません、ツモです、2000・3900」

誓子「終わった!?」

京太郎「マジ震えてきやがった……こわいです;」

由暉子「つ、次! 次行きましょう!」

誓子「次の用事はいいの?」

由暉子「…………そんな予定もありましたね」 メソラシー

京太郎「うわー仕事の予定ぶっとばすつもりだこの子」

ソフィア「はは、まぁ不完全燃焼なのは分かるけどな…… ちなみに次の予定ってなに?」

由暉子「はい、一時間後に某看板番組の打ち合わせとあいさつ回りが」

誓子「行きなさい」

京太郎「行きなさい」

ソフィア「行きなさい」

由暉子「アッハイ」

5人目の先輩 【第二回咲ワンエントリーSS】

※咲-Saki- 本編後の二次創作SSです
第二回咲SS人気投票グランプリ「咲ワン」にエントリーするために書きました
あっちが変様に全面的に寄りかかって設定を立ててます
※普段の更新とは色々趣が違うので、いつものやつについてはアバウトをどうぞ



201307280830187ef


― 有珠山高校 部室棟 ―

揺杏「まァ部室棟って言っても単に旧校舎を使ってるってだけなんだけど」

由暉子「そうだったんですか」

誓子「二年前は新校舎が改築してたから、こっちの礼拝堂とかを使ったけど、別の意味で雰囲気あったわね……」

由暉子「古い礼拝堂で聖書の一節を暗唱したりしてたんですね……!」フンス

揺杏(いま鼻息荒くするようなポイントあった?)

誓子(ノーコメントで)



由暉子「それで、他のお二人はどちらに?」

誓子「爽はさっきの入学式の時に放送室に忍び込もうとしたとかで指導室に監禁されてる」

揺杏「……何やってんだか」

誓子「校長の話のタイミングでドラ○エのオープニング流そうとしてたとかなんとか」

由暉子「……天空編以降のバージョンの序曲でしょうか」

揺杏「いやロト編だったらどうこうとかいう話じゃなくね?」

誓子「天空編は前メロが壮大な分ちょっと長いからこういう時はロト編のほうがいいんじゃない?」

揺杏「なんでチカセンまでいきなりボケはじめたの!?」

誓子「なるかは部室で留守番して待ってくれてるわ」

由暉子「待たせてしまっているなら早く行かないといけませんね」

揺杏(スルーされた)

由暉子「揺杏先輩も早く行きましょう」

揺杏「私が話長引かせたみたいな扱いマジっべーわ」



― 麻雀部 部室前 ―

誓子「さて、それじゃいよいよ、ユキの有珠山高校麻雀部デビューの瞬間ね」

由暉子「はぁ、まぁ中学の時から遊びに来ていましたので、あまり感慨深いという感じではないのですが……」

揺杏「まぁまぁ、こういうのは形が重要なんだって、無事入学して麻雀部の正式メンバーになったんだからさ」

由暉子「あ、えと、ありがとうございます…///」

誓子「なるかー? 入るわよー」コンコンコン トビラガチャー

小納谷「誓子ちゃん揺杏ちゃんお疲れ様、そしてユキちゃんいらっしゃい! 有珠山高校麻雀部へようこそ!」

誓子「…………」

揺杏「…………」

小納谷「…………」

由暉子(………どなたでしょうか?)



誓子「……部屋間違えました」トビラパタン

小納谷「合ってるわよ!? ここ麻雀部部室よ!?」

成香「チカちゃあん……助けてくださいぃい……」

誓子「なるかに一体何してるんですか!!1!!」トビラバターン

小納谷「成香ちゃんが可愛すぎて待ってる間ずっとなでなでしてた」ナデナデ

成香「ううう……」ナデラレナデラレ

誓子「な、う、羨ましい……! 私だって嫌われたくないから20分以上なでなでしたことないのに!」

揺杏「成香ー、もうちょっとその二人から距離とった方がいいぞー」

由暉子「ロックされてて距離をとるとかそういう問題ではないように見えますが」



揺杏「………小納谷(こなや)さん、なんで居んの」

小納谷「今日って入学式でしょ? 噂のユキちゃんが来ると思ってワクワクしてたんだから!」

由暉子「ええと、先輩さん、ですか?」

揺杏「二年前に卒業した先輩で、週に一回来ることに定評のある小納谷さんだよ」

小納谷「それ最終的に定評あった部分がダメになるパターンじゃない?」

揺杏「実際そんなには来なかったっしょ、最近は」

小納谷「まぁ大学もそれなりに忙しくなってきたしね……」

成香「高校にそんなに足繁く通ってて色々と大丈夫なんですか……?」

小納谷「べべべべ別にそんな大学に友達がいないとかそんなんじゃないし」

揺杏「なんか勝手に自爆してんなこの人」



由暉子「宜しくお願いします、新一年生の真屋由暉子と申します」

小納谷「いやー、噂には聞いていたけど本当に可愛い子ね、宜しくね」

由暉子「先輩方が色々としてくださってるおかげです」

小納谷「えー爽ちゃんとか何か役にたってるの?」

由暉子「爽先輩にもとてもお世話になって……そういえば小納谷先輩はなんというか、爽先輩に波長が似てますね」

小納谷「なんだか肯定的なニュアンスがあまり感じられない話のつなげ方ね……」

誓子「……………」



揺杏(それ言っちゃダメだって、そのあたりチカセンめちゃめちゃ気にしてんだから)

由暉子(? どういうことですか?)

揺杏(小納谷さんが三年の時、爽とチカセンが一年で、実質この三人しか部員が居ないようなもんだったんだと)

由暉子(ふんふむ)

揺杏(んで爽が言うには、当時から週一ペースで小納谷さんが来るたびチカセンが不機嫌だったって)

由暉子(なるほど、かわいい嫉妬ですね)

誓子「なにか勝手に変なこと言われてるような気がする……」ナデナデ

成香「うう、チカちゃんまでぇ……」ナデラレナデラレ



成香「小納谷先輩は今日一緒にあそべるんですか?」

小納谷「あ、やめて、父親がたまの休日にゴルフに行くときに言われるようなそのセリフ」

揺杏「父親じゃないっしょ……」

小納谷「いやまぁそうなんだけど、なんか成香ちゃんに言われるとこう、心の中の父親が顔をしかめるの」

誓子「まぁ爽もいつ来るか分からないし……代わりにメンツになってもらいましょう」

由暉子「今日は何をやるつもりだったんですか?」

成香「ワンナイト人狼ですね、4人だと若干やりにくかったので良かったです」

小納谷「いいわね、この間怪盗で占い師騙りして散々かき回しまくったら楽しかったなぁ」

揺杏「おいこの先輩勝利条件とかガン無視してくるタイプのリアル狂人なんだけど」

誓子「知ってたでしょ」

揺杏「それは、まぁ、うん」

成香「ちなみに怪盗とか占い師とか狂人っていうのは人狼ゲームの『職業』のことです、詳しくはググってみてくださいね」

由暉子「解説乙です」



爽「お疲れー! 皆揃ってるな! いやー先生の説教長かったー!」トビラバターン

揺杏「お、爽」

誓子「解放されるの早かったわね」

爽「いや、単に隙を見て逃げてきただけだけど」

成香「刹那的な生き方すぎて怖いです……」

小納谷「爽ちゃん久しぶり〜」

爽「お、小納谷ちゃんじゃん、3か月ぶりくらい?」

由暉子(随分と軽い感じで会話するんですね)

揺杏(で、それを見てチカセンが)

誓子「……………」

揺杏(ああなる、と)

由暉子(かわいいですね)



爽「お、なんだ、チカはまーたご機嫌ナナメか?」

誓子「……別に機嫌悪くなんかないわよ」

爽「よく分からんけど怒るなって(肩を組む)」

誓子「………まったく、いきなり抱きついたりするの、やめてね」ニヤニヤ

小納谷(ちょろい)

揺杏(ちょろっ)

由暉子(ちょろいです)

成香(チカちゃん、ちょろいです……)



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


何卒清き一票をよろしくお願いいたします。 
→投票ページリンク 
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード