今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

石飛閑無

ミドル・クライシス【シノハユSS】

※シノハユの二次創作SSです
※いつも書いてるSSとは趣が異なります
※いつものについてはアバウトをどうぞ
アンケートに【はや慕】のリクエストを頂いたので書きました

bench

 
~ 湯町中 裏庭のベンチ ~

はやり「…………」 ジュースゴクー

はやり「…………」

はやり「…………はぁ」

慕「は、や、り、ちゃーん」

はやり「はやっ!? し、慕ちゃんどうしたの?」

慕「あっ、ごめんね驚かせちゃって、ちょっと見かけたから声をかけただけなの」

はやり「そ、そうなんだ、びっくりしたよ」

慕「お昼ご飯もう食べ終わっちゃった?」

はやり「うん、元々そんなにお弁当大きくないから」

慕「うむむ……その食の細さでなぜそのお胸が……」 ジロジロ

はやり「どこ見てるの!?」




慕「……それで、どうかした?」

はやり「……えっ?」

慕「はやりちゃん、さっきため息ついてたから」

はやり「あー、見られてたかぁ」

慕「そもそもいつも教室でご飯食べてるはやりちゃんが裏庭に出てったっていうのもあったからね」

はやり「ふふ、よく見てるなぁ」

慕「玲奈ちゃんも心配してたよ、しっかり励ましてこいって送り出されたんだから」

はやり「玲奈ちゃん……」

慕「玲奈ちゃん自身は終わってないからって鬼気迫る勢いで次の授業の宿題してたけど」

はやり「…………玲奈ちゃん……」




慕「私じゃ役に立てないかもしれないけど……お話を聞くくらいならできるから」

はやり「うん、ありがとう……」

慕「私じゃなくても、閑無ちゃんだって杏果ちゃんだって、もちろん玲奈ちゃんだっていいんだからさ」

はやり「……これは愚痴なんだけど」

慕「うん♪」

はやり「(嬉しそうだなぁ……)……私ってアイドル活動をしているでしょ」

慕「当代一のアイドルだよ!」

はやり「はは、ありがと、でも最近なんだか足踏みしちゃってさ」

慕「……足踏み?」

はやり「お仕事も色々やりたいと思ってるんだけどね……あんまり変わり映えがしない気がして……」

慕「うーん、マンネリ感があるっていう事なのかな」

はやり「え、んー…… そう、なのかな……」

慕「でもマンネリかぁ、気付かなかった、はやりちゃんテレビで観ててもすっごくキラキラしてるから」

はやり「え、キラキラ?」

慕「うん! 観るたびにいつも元気をもらってるよ!」

はやり「…………」

慕「……私、あまりアイドルとかに詳しくないけど、はやりちゃんがやってることは凄い事だと思うよ」

はやり「慕ちゃん……」

慕「だから、えっと、その……」

はやり「……ありがとう、慕ちゃん」

慕「えっ、え? 何が?」

はやり「ん、なんだか元気が出たよ、悩んでる暇なんてないよね☆」

慕「あ、☆出た!」

はやり「はややっ☆」

慕「ふふ、完全復活した?」

はやり「うん、また頑張れるよ☆」

慕「私が何か出来たわけじゃないけど……」

はやり「そんなことないよ! アイドルを元気づけられるなんて慕ちゃんはまさにスーパーアイドルだね☆」

慕「そ、そんな……私なんておっぱい大きくないし……」

はやり「……アイドルなんだったらむしろあんまり大きくても困るんだけどな」

慕「おっぱいは大事だよ!!!!!??」

はやり「今日イチ凄い勢いだよ慕ちゃん!?」

慕「おっぱいは大事なことだよ!!!」

はやり「とりあえず大声でおっぱい連呼するのやめてほしいな!」




閑無「…………あいつら裏庭でなにしてんだ……」

杏果「……とりあえずおっぱいおっぱい騒いでるのは聞こえてくるけど」

閑無「……あいつらなにしてんだ…………」




手作りの気持ち 【リチャ誕SS】

※シノハユ(小学校時代)の二次創作SSです
※普段投稿しているやつとは趣が異なります
※リチャ誕イェイ~

ryouri



閑無「ふーん、あのおっさんって今日が誕生日なのか」

慕「うん、だから今年はどんな風に祝ってあげようかなって」

閑無「いつもはどうしてるんだよ」

慕「料理作ってあげて、おめでとーってパーティしてるけど」

杏果「……十分なんじゃない?」

慕「でも、料理とかはいつもやってるし…… 特別な感じが無い気がして……」

玲奈「じゃあ何かサプライズ要素入れれば」

陽葵「サプライズってなにするの? 寝てるところにドッキリでも仕掛ける?」

杏果「インパクト重視過ぎるからねそれ」




閑無「じゃどうする、手紙でも書くか」

慕「手紙?」

玲奈「このあいだ似たような話したでしょ、未来の自分に~っていうの」

杏果「いいんじゃない? たまにしかない機会なんだし、感謝の気持ちを言葉にしてみるのも」

慕「う、うーん、でも普段からおじさんにはありがとうって言ってるし、なに書けばいいかなぁ」

杏果(そういえば天使だった)

閑無「普段言いづらいことを書けばいいだろ、脱いだ靴下をちゃんと洗濯機に入れてください、とかさ」

陽葵「誕生日にそれ言うの……?」

玲奈「その前に、あんたはあのおじさんを一体なんだと思ってるの……」

慕「靴下はちゃんと片付けてくれてるよ!」

杏果「慕、つっ込みどころそこじゃないから」




玲奈「でも、誕生日パーティの料理とかすごい気合入れてるんじゃないの」

慕「う、うん、ちゃんと仕込みはしてきたんだけど」

陽葵「なに作るの?」

慕「えっと、あまりひねりは無いんだけど、ミートパイと、ピザと、ケーキを」

閑無「パーティに遊びに行っていいか?」

杏果「あんたはあのおじさんの一体なんなのよ」

玲奈「ひゃー、流石だなぁ、私には作るの無理だよ」

慕「今度教えてあげるよ!」

玲奈「わ、私はちょっと…… 地球が100回まわった後とかでならいいよ!」

陽葵「三ヶ月ちょっとくらいしかないんじゃないそれ?」




杏果「それじゃ慕ってケーキとかも作るんだ、凄い」

慕「はやりちゃんに色々教わりながらだけどね」

杏果「ああ、家がケーキ屋なんだっけ?」

閑無「許せないよな……! 商品があんなに美味しそうだなんて……!」

玲奈(恨みの持って行き方が雑)

陽葵「手作りケーキって結構作るのに時間かかったりするんじゃない?」

慕「スポンジはもう焼いて作り置きしてあるから、あとはデコレーションするだけだよ」

閑無「へー、作り置きできるんだなぁアレって」

杏果「やっぱり定番のいちごとクリーム?」

慕「うん、クリームを泡立てるのが難関なんだけどね」

陽葵「泡立てるのって結構重労働らしいからねぇ」

閑無「大丈夫だ! 麻雀の打牌で腕を鍛えたお前ならきっと泡立てもやりとげられる!」

慕「うん、が、頑張る、よ……?」

玲奈「腕(筋力)」

杏果「腕の筋肉が鍛えられるほどの動きじゃないでしょ」




閑無「ま、どうしても泡立てが無理なんだったらおっさんに手伝ってもらえばいいだろ」

慕「え、ええ、それはダメだよ、おじさんのパーティなのに」

閑無「バッカお前、一緒に作ればいいだろ、そんなことであのおっさんは怒ったりしないって」

杏果「そうね、折角なんだから一緒に作って一緒にパーティを楽しめばいいのよ」

陽葵「祝ってあげたい気持ちは十分伝わるから大丈夫だよ、たぶん」

玲奈「むしろ頼ってもらった方が喜ぶまであるでしょ」

慕「う、うん、分かった…… でも……」

閑無「でも?」

慕「折角だからおじさんが嫌いなトマトを隠して料理に入れたかったんだけど、手伝われたらバレちゃうかなぁ」

閑無「おっさんトマト嫌いなのか……」

玲奈「それがサプライズでいいんじゃない?」

慕「それだ!!!!」

杏果「それなの!!!???」

慕「おじさんにトマトを食べさせるために、私、頑張って泡立てするよ!!!」

杏果「……ま、まぁ慕がいいならそれでもいいけどさ……」




慕「―――というわけで、この料理のどれかにトマトが入ってます! 頑張って食べてね!」

耕介「なんで誕生日なのにロシアンルーレットしてんの!? ていうか選択肢にケーキも入ってんの!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード