今日の一言:200本の時にはなにしようかな  (10/27)

竹井久

いつも通りの年始 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

osyo


久「新! 年! あけおめ!」

塞「年明け早々テンション高いね……」

星夏「大体いつもこんな感じだったような気がしますけども」

久「なぁに? 二人とも気合いが足りてないわよ! そんなので激動の2017年を乗り越えていけるとでも!?」

塞「なんかいきなり勝手に激動の年認定されてる」




星夏「ところで今日って何かあるんですか?」

久「いや? とりあえず部室開けただけだから」

塞「ノープランすぎるよ……」

星夏「まぁ私らも予定がなくて部室に寄ってる時点で人の事は言えませんけどね」

久「白望たちは家にいるの?」

塞「うん、みんな新年会で飲んだくれて騒いでたから、今は疲れでダウンしてるんじゃないかな」

久「へぇ、胡桃までダウンするのは珍しいわね」

塞「酔ったエイちゃんが凄くてね……ふふ……」

久「へ、へぇ……(触れないでおこう)」




星夏「ところで臼沢先輩がピンピンしてるのはなぜなんですかね」

塞「私? 私は料理とか作ってたから飲んでる暇があんまりなくてさぁ」

久「あっ、そ、その、ごめん」

星夏「じゃ、じゃあ今から突発新年会でもやりましょうか!?」

塞「露骨に気を遣ってくるのやめてよ!?」




久「でも新年会って言っても、お酒も何もないわよ」

星夏「お菓子ならあるんですけどね」

塞「お菓子っていうか、ぜんぶ星夏の寄付したプロ麻雀せんべいじゃん……もう飽きたよ……」

星夏「私のほうが飽きてますよ!」

久「威張ることじゃない」

塞「まぁなんでもいいじゃない、コンビニなら空いてるから、何か買いに行きましょ」

星夏「アイス買ってくれたら機嫌直しますよ!」

久「子供か!」

塞「梅酒と一緒に食べると美味しいらしいよ」

久「大人だ!?」

星夏「その前に未成年なんですけど私」

力の代償 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

sushi


久「そういえばまこ」

まこ「なんじゃ久」

久「11/1は寿司の日らしいわよ」

まこ「おお、ごちそうさん」

久「…………いや奢らないわよ」

まこ「おかしいのぉ、どう考えても奢る流れじゃったが」

久「やだ、まこったら流れ論者だったのね」

まこ「否定はせんが、少なくともかの悪名高い悪待ち悪魔に言われたぁないわ」

久「悪って三回も言った! 三回も! あのやずやでさえ二回なのに!」

まこ「なぜ引き合いにやずやを」




久「というか、悪待ち悪魔の語感は正直嫌いじゃないけど、変な異名広めるのやめてくれないかしら……」

まこ「ちゅうてもな、言い出したんは別にわしじゃないんじゃが……」

久「じゃ誰?」

まこ「さぁのう、リーグの公式戦で手酷くやられた大学とかかの」

久「あら、それならむしろ光栄……と言っていいのかしら……?」

まこ「別にそういうイメージが先行してくれるのは悪いことじゃなかろ?」

久「うん、まぁ、ね…… それで自分の打ち方を崩してくれるなら儲けものだし」

まこ「あんたは清澄の元部長としてそれなりに有名なんもあるけぇ、それを逆手にとって弄ぶくらい余裕じゃろ」

久「弄ぶとか…… その言い方だと私完全に悪女じゃない、傷つくわー」 シクシク

まこ「かかか」

久「笑ってないで少しは否定しなさい!」




まこ「ちゅうか、こういうイメージが浸透したんは多分に自業自得と思うんじゃがな」

久「言わないでよ…… インハイで戦うにはああやって印象付けするのが手っ取り早かったんだから」

まこ「ま、少なくともウチの部のメンバーはあんたの事ぁようけ分かっとる、悪評が広まろうが関係ないわ」

久「それについて疑ってはいないけど」

まこ「なんじゃ、仲間からの信頼だけじゃ物足りんか?」

久「そもそも一番私のことをよく分かってるはずのまこがこのネタで一番弄ってくる事案については」

まこ「寿司奢ってくれたらもう言わんぞ」

久「悪質すぎでしょ……」

まこ「かかか」




まこ「まぁ寿司云々は冗談じゃが…… 部長ならもっと堂々としんさい、それこそ清濁併せ呑むくらいにな」

久「はっ、そんなの当然でしょ、こういうイメージがあったらあったで最大限利用しなきゃ損だもの」

まこ「ん、それでこそじゃ」

久「…………」

まこ「……? なんじゃ?」

久「……いや、そういえば高校の時もそんなノリでやってた結果が現状なんだなって思っちゃって…………」

まこ「…………」

久「…………」

まこ「…………」

久「…………」

まこ「……うちで手巻き寿司でもやるか?」

久「本気で慰めにかからないでよ!?」

地元の星 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

また幻術なのか



― 栄牌技ホール ハートビーツ大宮選手控室 ―

美穂子「す、すみません、ちょっと待合室まで出て来ます」

はやり「はや?」

灼「どなたか応援の人でも来たんですか」

美穂子「ええ、高校時代の友人と後輩が来てるって連絡があって」

はやり「あと二時間で試合前ミーティングだから、遅れないようにするんだぞ☆」

美穂子「はい、ありがとうございます、行ってきます」 トビラパタン

灼(凄い嬉しそうだったな福路さん)

はやり「…………」 ソワソワ

灼「……覗きとかには行かないでくださいね」

はやり「い、いいい行かないよぉなんで!?」

灼「だって福路さんの友人と後輩ってことは、多分あの人たちだし」

はやり「そうだね」

灼「はやりさん、前から目を付けてたみたいだからスカウトに行くのかなって」

はやり「いやいや、流石に試合前の大事な時間にスカウトとかそういうのは……試合後になら……」 ソワソワ

灼(試合後にはするんだ)




久「やっほー美穂子、久しぶりね! 久だけに!」

まこ「わりゃあ本当に…… こんにちは、福路さん」

星夏「キャ、福路先輩! お久しぶりです!」

美穂子「ふふ、三人ともお久しぶり」

星夏「す、すいません、つい昔の癖でキャプテンって言いかけちゃいました」

久「いや美穂子がキャプテンだったの三年前でしょ……」

星夏「テヘペロ」

まこ「口で言いなや」

美穂子「風越時代が懐かしいわね、文堂さんは大学で調子どう?」

星夏「最近は音の跳ね返りを弱めたり、偽装したりする方法を研究してますね」

美穂子「えっ?」

星夏「えっ」

美穂子「……それは物理学のゼミとかではなくて、麻雀の話?」

星夏「そうですが」

美穂子「…………」 チラッ

久「いや不安げな顔で私を見られても」

まこ「うちの部にそげなこと得意な奴がおりまして…… ピンポイントメタっちゅうか……」




美穂子「反響定位、す、凄い人がいるのね……」

久「とりあえずあの子も美穂子にはそれ言われたくないって言う気がするけどね」

星夏「福路先輩の『目』は本当に対処法が思いつかないですね……」

美穂子「あ、あら、恥ずかしいわ、そこまでのものでもないのだけど」

まこ「プロでタイトル獲っとる時点で文句なく凄まじい技術じゃけぇ、謙遜せんでもええでしょうに」

美穂子「……そういう染谷さんも、かなり『見える』ようになってるみたいね」

まこ「……おかげさんで、福路さんのソレも色々参考にさせてもらってますけぇ」

美穂子「ええ、直接会ったらすぐに分かったわ」

まこ「……それも『見えた』っちゅうことですかの?」

美穂子「さぁ、どうかしら?」 ニコッ

久(……なにこのバトル漫画みたいな会話)

星夏(残像の応酬みたいなことやってますねこの二人)

久「幻術だ」

星夏「また幻術なのか!?」

まこ「なーにいきなり意☆味☆不☆明なこと言い出しよるんじゃお前ら」




美穂子「それで、今年はインカレどう? 久が部長なのよね」

久「当然! 私が指揮する以上は優勝以外ありえないわ!」

美穂子「ふふふ、頼もしい部長さんね?」

まこ「ついて行っとる立場としては不安で仕方ないんですがの」

星夏「とりあえずあのダイナミックツモは止めてほしいなって思ってます」

久「なによぉ、もっとカリスマ部長さんを信頼しなさいよ、ツモに関しては正直ごめんなさいしかないけど」

まこ「分かっとるなら止めんかい」

美穂子「まだアレやってたのね…… 牌が可哀想だから止めましょうよ」

久「いやいや大丈夫だから、最近は牌に極力負担をかけない曲芸ツモを開発しようと頑張ってるから」

美穂子「努力の方向性がおかしいわよ!?」

まこ「最近やたら牌で遊んでる思うたらそれが理由かい……」

星夏「というか自分で曲芸とか言ってるあたり自覚あったんですね……」




久「っと、結構話し込んじゃったけど、時間は大丈夫?」

美穂子「ええと、ミーティングがあるからそろそろ戻ろうかなって思ってたわ、ごめんなさい」

まこ「いや、本来試合前に会いに来るほうが悪いけぇ、気にせんでも」

星夏「わたしたち北側スタンドで応援してるんで、頑張ってください!」

美穂子「あらあら、それはぜひとも南側の席を取らなきゃいけないわね」

まこ(サラっと『南の席を取る』って言いよるあたりが恐ろしいわ)

美穂子「三人とも会いに来てくれてありがとう、試合頑張るわ」

久「こっちはちゃんと対戦相手に怨念送るからね! まかせて!」

まこ「黒いわ! やめんか!」

星夏「しかもちゃんととか言ってるあたり福路先輩が望んでやってるかのようなニュアンスなんですが!?」

美穂子「やめてね」

久「アッハイ」

星夏(先輩…… ちゃんと強気の言葉が出来るようになって……)

まこ(強くなったっちゅうか、久に毒されただけのような気もするんじゃが……)

人生悪待ち 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

doyahisa


久「……さ、どっちだ?」

藍子「…………」 キーン

久「…………」

藍子「……右かな?」

久「……はぁ、本当凄いわねその能力」 セイカーイ

藍子「いやぁ、手放しで褒められると照れますな」 テレテレ

白望「反響定位、だっけ、音で物の形がわかるってやつ」

藍子「そーですそーです、手を後ろに回そうがどっちに持ってるか丸わかりですよ」

久「そんなにこのイチゴが食べたかったの? 藍子ったらいやしんぼね……!」

藍子「当てさせといてこの言いぐさ」

白望「私のイチゴ食べる?」 ハイアーン

藍子「いや別にイチゴが欲しいから当てられたわけじゃないんですけどね!?」

白望「いらないの?」 アーン

藍子「いりっ……ま、す、けどっ……!」

久(結局もらうのね)




藍子「イチゴには勝てなかったよ……」 モグモグ

久「あ、そういえばイチゴといえば、このあいだ飲み会で佐々野プロに会ったわよ」

藍子「え、佐々野って、あのちゃちゃのんですか?」

久「そう、廿日市の」

白望「…………ちゃちゃのん、って……?」

久「あ、知らない? 私たちと同級生のアイドルプロ雀士なんだけど、名前が佐々野いちごって言うのよ」

白望「同級生? じゃあインハイとか出てたの?」

久「いや、私たちと同じ団体戦Bプールで出てたでしょ…… 他の試合観てなかったの?」

白望「ダルい」

久「知ってた」

藍子「知ってた」




藍子「でも、そうか、二人とも高校の時に戦ってたんでしたっけ」

久「団体戦だから直接当たってはいないけどね」

白望「……まさか大学で一緒になるとは思いもしなかったけど」

久「あはは、まぁ、そうねぇ」

藍子「そう言えばなんでお二人はこっちの大学に来たんです? そんなに近くないですよね、二人とも」

白望「私は豊音とエイスリンがこっちのプロチームに入ることになったから、一緒なら楽が出来るかなって」

藍子「……え、楽できるからとか、そんな理由だったんですか」

白望「そうだけど」

久「ふふ、私前に姉帯さんに事情聞いたことあるけど、それだけが理由じゃないわよねー?」 ニヤニヤ

白望「」

藍子「えっ、他に何か理由があるんですか」

久「ふふふふふ、さーて、どうなのかしら? こ・せ・が・わ・さん?」

白望「…………あとで豊音とかに直接聞いて……」 ダルイ

藍子「なんでそこでぶん投げるの先輩!? 小瀬川せんぱーい!?」




白望「……そういう竹井はどうして、こっちに来たの」

藍子(露骨に話題を逸らしに来た)

久「ん、え、私? 私は単純にインカレで日本一になるためよ」

藍子「入学する時にそこまで考えてたんですか?」

久「いや、普通考えるでしょ…… むしろ一番考えるでしょ……」

藍子「私の場合は近くで麻雀部がある大学を探しただけなんで」

白望(選び方が雑)




白望「……? あれ、でも私達が入学した時って、うちの麻雀部そんなに強豪ってわけでもなかったんだけど」

久「最初から人数が多いとやりにくいしねぇ、それに将来性はあるってわかってたし」

藍子「将来性?」

久「そ、将来性」

白望「……どういうこと?」

久「さーてねー?」 フフーン

藍子「あ、だめだこれ、真面目に答える気のないやつだ」 カシャ

白望「まぁ、竹井が話す必要がないって思ってるんだったらそうなんだろうし、それでもいいけど」

藍子「とりあえず部長が調子のってドヤ顔してたってまこに写真送っとこうっと」 

久「なんでまこ!?? っていうかいつの間に写真撮ったの!!?」

白望「その画像あとで私にも頂戴、部の共有メールでみんなに転送しておくから」

藍子「分かりました!」

久「やめてえええええ!」

こうしたらもっと素敵だと思わない? 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

misudo


胡桃「ミ○ドでセールしてたからいろいろ買ってきたよ」 ドッサリ

藍子「でかした!」

星夏「凄ェ! 流石胡桃先輩ァ!」

胡桃「あの二人テンションおかしくない?」 ハイコレ

もこ「あ、ある意味、いつも通りだから、大丈夫……」 ゴチソウサマデス

藍子「もこがいつになく辛辣」

星夏「真実という名の刃がつらたん状態」




久「○スド? フレンチクルーラーある?」

胡桃「毎回取り合いになるから大目に買ってきたよ」

久「さっすが分かってる! 胡桃本当愛してる!」

胡桃「はいはい」

藍子「この間、臼沢先輩が何個か買ってきた時は凄かったからね……」

星夏「まさに血で血を洗う地獄絵図でしたね」

もこ「私は、エ、エンゼルクリームがいいな……」

星夏「オールドファッションいただきますね」

胡桃「はいはーい、どんどんもってっていいよー」

藍子「では私は担々麺を」

胡桃「ないよ!?」

久「何故そこで飲茶ッ!?」

星夏「きえろ、ぶっとばされんうちにな」

胡桃「違う、そっちじゃない」 




藍子「なんでですか! ミス○といったら坦々麺でしょ!?」 プンスコ

胡桃「藍子にはそうかもしんないけど、普通○スドからお土産で持って帰ろうってならないでしょそれ!?」

星夏「飲茶はテイクアウトできないって断られちゃうんで無理らしいですよ」

藍子「あ、そうなんだ、へぇー、初めて知った」

久「色々ツッコミが足りなさすぎるでしょ…… 誰かまこ呼んできて」

もこ「ま、まこさんは、今日はバイトがあるらしいので、お、お休みです、よ」

久「……神は死んだ」

藍子「Love is dead…」

胡桃「何故そこで愛ッ!?」
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。基本的に火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。


紺フェスバナー-20150823_224336



記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード