今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

藤白七実

部長とOGと 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ
※本SSが当ブログ200本目のSSとなります。

bushitutou


七実「最後は私だ」

那岐「……部室に来るなりいきなりどうしたんですか、いつもの奇行ですか」

七実「……えっ、それで私がいつものだよって言ったら、那岐様それで納得しちゃうの」

那岐「まぁ、説得力はありますね」

七実「……日頃の行いを改めるべきか」

那岐「な、なんだと!? 反省するなんて先輩らしくない! 熱でもあるんですか!?」

七実「……とりあえず那岐様のほっぺたをぐにぐに伸ばさせてもらうから」 グニグニ

那岐「な、なふぇー!?」 ムニー




那岐「それで、今日はいったい」 ヒリヒリ

七実「いや、調子はどうかな? と思ってさ、もうすぐインカレだし」

那岐「ああ、そういうことですか」

七実「みんなはどんな感じかな? 聞く限りだと宥ちゃんとか調子いいみたいだけど」

那岐「そうですね、というか宥が調子を崩したところなど、未だ見たことがないですが」

七実「まぁ、宥ちゃんだからね…… なんというか、自分をしっかり知ってる感じがするから安心感が凄い」

那岐「部長の私が言うのもなんですが、人間的な包容力というか、そういうものがありますね」

七実「ぜひともその胸に抱擁されて深呼吸してみたいよね」

那岐「これ麻雀の調子の話でしたよね?」

七実「私が宥ちゃんの身体に惚れ込んでいるっていう話じゃなかった?」

那岐「少なくともそんな話題ではなかったです」




七実「逆に心配なのは怜ちゃんかな」

那岐「――――園城寺、ですか、やっぱり」

七実「うーん、実力じゃなくてさ、こう、心が張りつめすぎてるって何となく外から見てて思うよ」

那岐「園城寺はこのインカレ、何が何でも活躍してプロになるつもりでいますからね」

七実「プロ志向なのは悪い事じゃないけど……気負いすぎは良くないかな」

那岐「ただでさえエースで頑張ってもらいますからね、そこは気を付けます」

七実「麻雀にはやっぱり楽しんで打たなきゃ! 一緒に楽しもうよ!」

那岐「そのセリフ聞くとトラウマでカタカタする人とかいるんで止めてあげてください」




那岐「一年と二年はどうですか?」

七実「んー…… 彼女らは私が引退後に入ってきたわけだし、変なアドバイスはしない方がいいかなって」

那岐「それは――そうかもしれませんね、すいません」

七実「んにゃ、でもまぁ浩子が居ればその辺はなんとかなるでしょ、へーきへーき」

那岐「確かに船久保の参謀としての働きは凄いですが、彼女自身にも好きに打たせてあげたいですし」

七実「ふふ、そこは部長の采配次第かな?」

那岐「…………頑張ります」

七実「去年の部長は笑って引退してくれたから…… 今年もそうだと私も思い残すことなくプロに行けるかな」

那岐「――はい!」

七実「まぁ欲望的な意味で言うなら心残りはありまくりなんだけど! 具体的には絹ちゃんの豊かな双丘を」

那岐「あ、真面目な内容もう終わったなら部室の鍵閉めるんで、荷物まとめてください」

七実「ぶった切り方容赦ないな!?」

那岐「そもそも先輩が来たくらいの時点で既に閉めようと思ってたんですよ」

七実「ちぇー、分かったよ」

那岐「…………他の忘れ物はなし、と、先輩は大丈夫ですか?」

七実「はいはい、閉めちゃって~」




那岐「それじゃ、また」 ガララ
 


⇒ 今後の当ブログの活動についてはこちらをご覧ください



カラフルな思い出【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

rand


七実「そういえばさっき小学生の下校風景を見かけたんだけどさ」

泉「あの、これ通報案件ちゃいます?」

那岐「身内から逮捕者を出すのはちょっと……」

泉「プロ入り前ですからね……」

七実「ちょっと! 二人とも真正面から失礼だな! 偶然通りすがっただけなのに!」 プンスコ

泉「は、はぁ、さいですか……」

那岐「偶然って……近くに小学校なんかあったか?」

泉「そういえば……なかったような……」

七実「家の近所で贔屓にしてるサルビアの花壇に向かう途中にあるんだよね」

泉「サルビアの花壇を贔屓にするってなんやねん」

那岐「蜜か? 花の蜜なのか?」




七実「そんでさ、最近ってランドセルが結構カラフルなんだよね、びっくりしちゃった」

泉「ああ、わかります、ピンクとか空色とかありますね」

那岐「昔から黒赤以外の色もあったらしいですよ、母がピンク色を使っていたと聞いたことが」

七実「へぇー! 那岐様のお母さんはピンクな女子だったんだ!」

那岐「その修飾語だとなんだかいきなりゲスいイメージなんだが……」

七実「ピンクレデ」

泉「それ以上あかん」




那岐「まぁそういうランドセルは昔からあって、それがようやく根付いてきたということじゃないですかね」

七実「周りが赤黒だけなのに自分だけ違う色にしたら虐められちゃいそうだからなぁ」

泉「学校ってそういうとこあるのはしゃーないですね」

那岐「なんにせよ色の選択肢があるのはいいことだな」

七実「ねぇ、自分が使うんだったら何色がいい? 私は藤色かな! ほら、高貴な私のイメージでさ」

泉「……ツッコミませんよ? 私はなんにしよー、ブラウンとかがええかなぁ、阪急っぽい」

七実「阪急」

泉「阪急」

七実「……那岐様は?」

泉「え、ちょ」

那岐「桜色とかがいいですね、普通のピンクより可愛いから、可愛いなぁこれ…………可愛いなぁ……」

泉「……クールなイメージやったけど、部長って可愛い者結構好きなんやな」

七実「はっはっは、那岐様可愛い可愛い」

那岐「あ、う、ち、違っ、これは、そう、血に染まったら映えそうな色だからって理由で」

泉「ええ理由怖ァ!?」

七実「クールのイメージの方向性本当にそれであってる!?」


ライフワーク変態 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

p10304015b55d


七実「ヘーイ! テイトクゥ!  お疲れぇ!」 ガラッ

泉(新子の声マネめっちゃ上手っ!?)

怜「ヘイらっしゃい、何にしやしょう」 ニギニギ

七実「おっ、大将の今日のおすすめは?」

怜「嫌ですわお爺さん、私は先鋒ですよ」

七実「うわこの美少女ババアめんどくさい」

泉「……なんであの人ら、部屋に入ってきていきなりコント始めてんねやろか」

浩子「さぁなぁ、聡明な方々の考えはることは凡人にはわからん」

泉「聡明とか言いつつ完全にバカにしてはりますやん……」




浩子「にしても最近だと珍しいですね、藤白先輩が顔を出してくれるんは」

七実「ん? まぁそうだね、というか元々私は部活引退してるわけだし」

泉「それを考えたら現状でも相当な頻度で顔だしてもろてますけどね……」

七実「いいじゃん別に、まだ在学中だしぃ」

怜「普通の四年生は就活やらなんやらでこの時期大学にめったに寄り付かんもんなんやけどな」

七実「っかー! 辛いわー! 就活しないでプロ入りが決まってるからなー! プレッシャー半端ないわー!」

浩子「少しは愉悦を取り繕おうという姿勢を見せてもらえませんかね」

怜「これ他の四年の先輩に聞かせたらボッコボコにされるんと違うか」




七実「あ、そだ、はいこれ、みんなにお土産~」

泉「おお、ありがとうございます、えっと、玉泉堂の温泉せんべい?」

浩子「これは……道後温泉に行きはったんですか?」

七実「そーそー、ちょっと旅行にね、いやぁ温泉気持ちよかったわー」

泉「ええなぁ、私もどっか旅行に行こかなぁー……」

怜「……道後温泉ってどこにあるんです?」

七実「ええと、愛媛県だね」

怜「戒能プロが所属する松山フロティーラが所在するのは?」

七実「……愛媛県だね」

怜「もうひとつ、質問してええかな…… 戒能プロになにしはったん?」

七実「……君のような勘のいい変態は嫌いだよ」

怜「開き直った上に人を変態扱いしよったでこのストーカー!」

泉「変態とか藤白先輩だけには言われたないやつっすわ」

七実「うっさい! いいでしょ別に不在のところに押しかけて下着をもいで行ったって!」

怜「なんか下着泥棒を果物狩りのように言うててんけどこの人!?」

浩子「まーた戒能プロのとこに迷惑かけたんかこれは……」

泉(いまさりげなく人じゃなくて物扱いしやへんかったか……?)

学生以上プロ未満 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

nonnon


七実「おはよーん」 トビラガラッ

絹恵「おはようございます、先輩!」

七実「おお絹ちゃんオッスオッス! 今日もまた見事なおっ」

浩子「……お?」 ギロッ

七実「えっと、お、お…… お、おでこだね!」

泉「言うに事欠いておでこて」

絹恵「おでこを褒められたのとか自分史上かつてない出来事なんやけど……」




浩子「まったく、先輩もええ加減そういうの止めたらどないですか、もうすぐプロになるんでしょう」

七実「おおっと正論で来たな、悪いけど正論は右から左だぞ♪」

泉「これ全然悪いと思ってないやつやん……」

絹恵「真面目にしてれば頼りになる先輩なんやけどなぁ」

浩子「今まで応援してくれてた仲間や先生の期待を裏切ってもええんですか」

七実「……ぁっ、そういうリアルに心にクるのはちょっと…………」

泉「一気に萎びた!?」

絹恵「藤白せんぱああああああい!?」

浩子「ったく、この先輩はホンマ……」 ハァ



絹恵「でもプロに入るんやったらなんか、こう、合同自主トレとか勉強会みたいなの、あるんちゃいます?」

七実「んー、一応戦法の勉強とかはしてるけど、まだ正式にはチームに入ったわけじゃないからねー……」

泉「まだ身分的には学生ですしね」

七実「チームの練習に混ぜて貰ったりは出来るらしいけど、やっぱこう、囲い込みの問題とかあるからさ」

浩子「ま、この時期のドラフト候補は下手に動かんほうが賢いっちゅうことやな」

絹恵「ふーん、そういうもんなんか」

浩子「実際明文化されてるルールがあるわけやないけどな、暗黙の了解みたいなもんやろ」

七実「まぁ私の場合は千里山から高卒でプロ入りした後輩たちとの顔合わせが気まずいってのもあるけど」

泉「へー、結構そのへんは気を利かせたりするもんなんですか」

七実「まーね、一応向こうはプロとしては先輩だし」

浩子「高校時代のあれやこれやをバラされんのが気まずいの間違いちゃいます?」

七実「コメントは差し控えさせて頂きたく」

絹恵「きっちりと煙に巻いてきた!?」




泉「……そういえば藤白先輩ってどのチームに入るんでしたっけ」

七実「ん? 一応大阪ブラックパンサーズに内定貰ってるよ」

絹恵「うちのお姉ちゃんの居るチームやで!」

七実「まぁ結局ドラフトでどうなるかはわっかんねーって話なんだけどね」

浩子「藤白先輩だったら大丈夫ですよ、ドラ1かどうかは保証出来ませんが、指名なしはまずありえない」

絹恵「へぇ、普段は辛口やけど、浩ちゃんって藤白先輩のこと結構評価してるんやねぇ」

浩子「……うちは事実を述べただけや」

絹恵「はいはい」 ニヤニヤ

浩子「ぬぐ、なんか腹立つわ絹ちゃんのそのニヤニヤ……」

七実「浩子はツンデレだからねー、もうちょっとデレてくれれば可愛いんだけどねぇ……」

浩子「……どうやらツンせざるを得ない理由を分かってないみたいですね?」

七実「ひ、ひええ、もう説教はこりごりだよ~!」 ピョーン

絹恵「先輩!? なんかアニメのラストシーンとかで良く見るやつ、それどうやってるんですか先輩!?」

泉(……船久保先輩自身もツンデレを否定せんかったな)

浩子「……なんや、何考えとるんや泉ぃ?」 ギギギ

泉「いやなんでもな怖ァ!? こっちはこっちで首が90°曲がっててホラーもええとこなんですけど!?」

人徳 【咲-Saki- K大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ
※フナたんイェイ~

hunaq


浩子「…………」

七実「だからさ、ここで対面が七筒ぶん投げてるってことは、上家のリーチを嫌がって面子崩したわけだから」

泉「ええ、なんでそんなんまで分かるんすか……」

絹恵「相手が攻めてきてる時はともかく、オリる相手をケアするところまでは行きませんよ普通は……」

七実「あえてそこを狙って追い討ちが決まると『麻雀って楽しいよね!』ってなる」

泉「悪魔かなにか?」

絹恵「どっかで聞いたことあるフレーズやなそれ……」

浩子「…………」




泉「……」 チラッ

絹恵「……」 コクン

泉「……そろそろ夕方ですね、お開きにしてご飯でも行きません?」

七実「ん、そうだねー、私にしては思いもかけず熱心に指導しちゃったよ」

絹恵「普段からこれくらいちゃんと教えてもらえると嬉しいんやけどなぁ」

七実「まぁ指導してるといいつつ、ちゃんと絹ちゃんのおっぱいもガン見してたんだけど」

泉「『ちゃんと』とは一体……」

絹恵「やけに私の手牌見てくる思たらそれですか……」

浩子「…………」




七実「ははは、あ、ねー浩子、ご飯食べに行こうよ、今日はなんかお肉的なものが食べたい」

浩子「えっ、あ、ああ、はい、それじゃ近くのお店を……」

泉「あ、それじゃ私がこの間見つけたすっごい美味しいお店があるんですけど、そこにしません?」

絹恵「へー、なんてお店なん?」

泉「藤白亭っていうお店なんですけどね」

七実「それウチじゃない?」

泉「近所に惣菜で有名なお肉屋さんがあるみたいなんですよね」

七実「いやだからそれウチじゃない? ウチに買って帰るコースじゃない?」

浩子「そういやしばらくお邪魔してませんでしたし、ええですね、行きましょうか」

七実「え、いや、お、おう」




― 藤白亭(アパート) ―

浩子「こんなに買わへんでもよかったんちゃいます?」 ガサガサ

七実「まぁまぁ、余ったら私が食べるから」

泉「へー! 外観で見た感じ、ええ部屋に住んではりますね藤白先輩!」

七実「まぁ? それほどでも? ないんですけどね!!??」 ドッヤアアァァァ

浩子「うわドヤ顔うっざ」

七実「ねぇ浩子って私のこと嫌い?」

絹恵(むしろ好きなほうやと思うんやけど)

泉(ああいうイジリって身内にしかやりませんもんね)




七実「むう、ナマイキ浩子め…… ほら、さっさとリビングに荷物持ってってー」 ガチャ

浩子「ああ、はい、お邪魔します…… こっちのドアですよね?」

七実「そうそう」

浩子「よいしょ…… なんで絹ちゃんと泉は玄関で待機しとぅ?」

泉「いやいやいや」

絹恵「まぁまぁまぁ」

浩子「答えになってへんやん……」 トビラガチャー




那岐・宥・怜・憧・友香
「「「「「せーの、 船久保浩子さん! お誕生日! おめでとーーーーう!!!!!!」」」」」 クラッカーパパーン!!




浩子「………………」

浩子「………………」 ポカーン

那岐・宥・怜・憧・友香
「「「「「………………」」」」」

七実・絹恵・泉
「「「………………」」」

浩子「………………………………は?」 ポカーン




怜「ふふふ、流石のフナQ先輩も面食らっとるみたいやな?」

宥「サプライズ成功だね~」 アッタカーイ

七実「いやー苦労したよ? 演技で浩子をウチまでおびき寄せる大役さぁ」

泉「いや藤白先輩は完全に素だったでしょ」

浩子「…………なるほど、そういうことですか」

絹恵「ごめんな浩ちゃん、パーティのことは秘密でってきつく言われててん」

友香「フナQセンパイ、おめでーす!」 ガバッ

浩子「ちょ、森垣いきなり抱きつくな! あんまりデカぁないとはいえ!」

友香「んみー!」 ベタベタ

浩子「ベタベタすな!」


 

那岐「いつもありがとう船久保、少し乱暴だったかもしれないが、このパーティは私たちの感謝と友情の証だ」

憧「那岐さん…… クサい台詞似合いますね……」

那岐「いやクサいのが似合うって…… 褒めてるのかそれ……?」

浩子「…………あ、ありがとう、ございま、す」

怜「顔真っ赤やでー、フナQ」 ニヤニヤ

七実「浩子ってば部室にいる時から誕生日のこと気にしてたからねー」 ニヤニヤ

浩子「な、ちょ、気付いて……!」

絹恵「あー、まぁ私らずっと浩ちゃんの様子を伺っとったからなぁ」

浩子「ぐっ…… 一生の不覚や……」

那岐「ははは、まぁまぁ、せっかくのパーティなんだ、はやく皆で乾杯しよう」

浩子「…………ふふ、そうですね」

友香「んむーー!」 ベタベタ

浩子「…………」

友香「んー!」 ベタベタ

浩子「…………いやお前はいつまでひっつきよんねん!」

友香「んー! んー!」 ベタベタ



SS100本の記念アンケートを実施中です。よろしければご回答のほど、お願い致します。 
【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード