今日の一言:リクエストボックスのいい宣伝方法はないものか (3/6)

須賀京太郎

女子力は環境から 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

101456p10000047


京太郎「霜崎先輩、自転車貸してもらっちゃって、ありがとうございました」

絃「ううん、帰るまではずっと大学にいるから、別に気にしなくて大丈夫だよ」

京太郎「いやー助かりました、おかげで間に合いましたよ」

由華「? 自転車でどこか行ってたの?」

京太郎「5kmくらい先に美味しい紅茶とケーキのお店があって、そこのアフタヌーンを」

由華「女子か!?」

京太郎「スコーンとかも結構量があって、紅茶と凄い合うんですよね」

由華「あ、よかった、量を気にする男子っぽいところちょっとあった……」




京太郎「あ、それとはい、お土産にご所望されていたジャムです」

絃「わぁ、このジャム好きなんだよー、ありがとう」

由華「む、私には何もないの?」

京太郎「いやだって自転車を貸してもらったお礼ですし」

由華「ぐ、馬鹿な……」

京太郎「まぁお土産買ってくるくらい別にいいですけど…… 次の機会にしといてください」

由華「行くときは言ってよ!? 絶対だからな!?」

絃「それは……ダチョウ的な意味で……?」 ゴクリ

京太郎「分かりました! 絶対に言うの忘れたりしません!」 グッ

由華「今の流れで決意されると凄い不安なんだけど!?」




絃「それじゃ、このジャムで、みんなでロシアンティーでも楽しみましょうか」

京太郎「お、いいですね、それじゃ紅茶淹れてきますね」

絃「ごめんね須賀くん、紅茶で楽しんできたところに」

京太郎「いえいえ、お嬢様方の幸せが私の幸せでございますゆえ」 キリッ

由華「うわクサっ」

絃「須賀くん……」

京太郎「いやほんとすいません出来心なんですマジ許してくださいお願いします」

憧れの背中 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ


20120701145521


京太郎「っと、それポンっす」 カシャ

由華「いきなり自風鳴きとはせっかちだなぁ」

京太郎「せっかちなのは悪いことじゃないでしょ」

花子「トップ目だからって逃げようとしてんのミエミエだぜぇ?」

京太郎「まさか、渋谷先輩がいるのに逃げようとして安易な安鳴きなんて出来ないですよ」

尭深「ふふ、どうかな?」 ニコッ

京太郎「クッソかわいい」 トン

花子「あ、それロン、ごんにー」 パタン

京太郎「」

花子「逆転やったぜ」




京太郎「……いや! まだオーラスがある! オーラスで直撃し返せばまだ希望が」

尭深「ツモ、大三元」

京太郎「」

花子「」

由華「…………尭深がギリギリまくってトップか」

花子「予定調和感がすげえ……」

尭深「お疲れ様でした」

京太郎「つまり、役満は強いということ。須賀京太郎です(´・ω・`)ノシ」

由華「気をしっかり保て」




花子「あーもー、タカミー強すぎじゃない? 弱点教えてよー」

京太郎「本人に直接聞いていくのか……(困惑)」

尭深「内緒です(ニコッ 」

由華「でもまぁ、確かに強いよ尭深は、決してオーラスの役満頼りじゃないあたりがまた凄い」

尭深「ふふ、ちゃんと練習してるからね」

京太郎「普通に打ってても強いんだよな……」

花子「やっぱり名門白糸台で揉まれただけあるねぇ」

京太郎「え? 揉m」

由華「言わせないけど!?」




京太郎「はぁー、能力使える人って羨ましいなー」

尭深「まぁ、私は能力使って打ってるけど、能力使わない人に勝てなかったりすることもしょっちゅうだし」

由華「そうなんだよな、目に見えて分かりやすいものが無い分、そっちの方が化け物というべきかもしれない」

花子「……タッツミーの高校の先輩さんとか?」

由華「……そうですね、小走先輩は能力を使わなくても、能力者と互角以上に戦っていました」

京太郎(……なんか複雑な事情がある系ですか?)

花子(んー、タッツミーがわざわざ関東の大学に進学した理由って知ってる?)

京太郎(いえ、そういえば聞いたことないです)

花子(さっき話にでた先輩が関東に進学したらしくてさぁ、その先輩を倒したいんだと)

京太郎(へー、なかなか熱いバックストーリーですね!)

花子(だろぉ? 飲み会とかで思う存分このネタでからかってやろうぜ)

由華「いや色々聞こえてるからね!? やらせないからね!?」

尭深「まぁまぁ、ここでシリアスにならないっていうのもある意味『らしい』んじゃないかな」

由華「それでからかわれるの私なんですけど!?」



プライベートの憂鬱 【咲-Saki- SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※いつも書いてるやつとは毛色が異なります
※一応いつも書いてる大学シリーズと同じ時間軸です

0078-01


―  恵比寿ゴールデンレイン本拠地 恵比寿総合文化ホール  ―

咲「…………」

咲「…………」 ハァ

晴絵「……咲?」

咲「あ、あっ、赤土さん!」 パアァァッ

晴絵「よ、どうしたのこんなところで」

咲「え、は、はい、ちょっと……」

晴絵「……また道に迷ってたのかぁ」

咲「さ、流石にもう迷わないですよ! 自分のチームのホーム会場なんですから、ここ!」

晴絵「じゃあ、テストするか、ここから一番近いトイレってどこにある?」

咲「…………」

晴絵「…………」

咲「……あそこ、窓の下に見える薬局でおむつを」

晴絵「解決法が強引過ぎるだろ!?」




ピッ ガコン

晴絵「ほら、お茶」

咲「……ありがとうございます」

晴絵「……何か悩みでもあるの?」

咲「え、ええ、どどどどどどどうしてそそそそれをををを」

晴絵(隠せてると思ってたのか……)

咲「……赤土さんは凄いですね、流石は元教師です」

晴絵「ソウデスネ」




咲「…………実はお姉ちゃんが」

晴絵「? 照のヤツがどうかした?」

咲「この間、久しぶりに二人でお買い物に行ったんですけど、そのときにケンカしちゃって」

晴絵(こいつらいつもケンカしてんな)

咲「その後、夜にあんまりお話できてないんです……」

晴絵「……え、いつもは夜に話してんの? 確か一緒に住んでるって訳でもなかったと思うんだけど」

咲「あ、はい、毎晩寝る前に電話で」

晴絵「彼氏か何か?」




咲「でもケンカしちゃって、ここまで仲互いしちゃうのって久しぶりだから、どうしたらいいのか……」

晴絵「久しぶり、ねぇ…… 確か高校の時ってそんなに仲良くなかったと思ってたんだけど」

咲「私が高校一年のときに、仲直りしてからですね、ここまで話すようになったのって」

晴絵「だからってそんな毎晩電話で話すようにはなかなかならないと思う」

咲「私って携帯電話使うの下手だったから、練習台になってもらってたら、そのうち……」

晴絵「彼氏か何か?」




晴絵「ケンカかぁ、そもそも何でその、買い物の時にケンカになったの?」

咲「あ、はい、私が服を買おうとしたら不機嫌になっちゃって」

晴絵「はぁ? どういうことだそれ」

咲「その日は特に何か目的があって買い物してた訳じゃないんですけど」

晴絵「だからって、別にウインドウショッピングするくらい良くあることでしょ」

咲「はい、でも、それでシャツとかスラックスとか買おうとしたら機嫌が悪くなっていったんです」

晴絵「え? 咲ってスラックスとか履いたりするの?」

咲「いや、スラックスは京ちゃん用にと思って」

晴絵「オカンかお前ェ!?」




晴絵「いやいやいやそれはないだろー、京ちゃんってあれだろ、噂の大学生の彼氏くんだろ」

咲「か、かかかかか彼氏違います!」

晴絵「彼氏でもないやつのスラックス買ったりしないだろ…… いや彼氏でも買わないと思うけど……」

咲「え、か、彼、彼氏……」 プシュー

晴絵「でもまぁ、確かに照が怒るのも分からなくもないかもな、一緒に買い物してる時に別の買い物されちゃ」

咲「う、た、確かにそれかも…… 後で謝っておきます……」

晴絵「まったく、そんなんで新人王大丈夫なのかー? 監督も張り切ってたっていうのに」

咲「わ、私なんか新人王無理ですって……」

晴絵「去年のインハイを蹂躙しつくした人が何か言ってるな……」




晴絵「で、その彼s」

咲「彼氏じゃありません!」

晴絵「……知り合いの京ちゃんって、いま大学生なんだっけ?」

咲「あ、はい、都内の大学に」

晴絵「え? 東京に出てきてるんだ」

咲「はい、一人暮らししてますよ」

晴絵「まぁ、あまり人のそういうのに首つっ込むのもあれだけど、健全にな」

咲「だから、そういうのじゃないんですってばぁ!」

晴絵「はいはい、そうだなー」

咲「もう!」 プンスコ



―  都内某所アパート 京太郎の部屋  ―

京太郎「………………」

照「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「………………」

照「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「…………あのー、もう帰っていいですかね、照さん」

照「……ここは君の部屋だよ」 ゴゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎「……そっすね」

照「………………」 ゴゴゴゴゴゴゴ

京太郎(誰か助けて)

アイドル地獄変 【咲-Saki- O大学麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはキャラ一覧をどうぞ

dfafa


京太郎「おはよーす」 ガラッ

ソフィア「おー、おはよう」

誓子「え、あ、京太郎君か、おはよ」

京太郎「来て早々ガッカリされてるんですが俺なんかしました?」

誓子「あー、ごめんね、今日はユキが来るって聞いてたものだから」

京太郎「マジっすかウヒョー!」

ソフィア「ウヒョーてお前」

京太郎「いやだって! 普段めったに部活に来ないあの文字通り本物のアイドルが! 来るんですよ!」

ソフィア「事前に想定してた以上にテンション上がってて、いっそ清々しいくらい気持ち悪いぞ……」

誓子「……言わないほうが良かったかしら」



京太郎「まぁ茶番はともかく、珍しいっすね、部活に顔出せるなんて」

誓子「普段から仕事と授業で殺人的なスケジュールだからね……」

由暉子「申し訳ありません、私もなるべく時間を見つけて来るようにはしているのですが」 ヒョコッ

ソフィア「まぁ、忙しいだろうに顔を出してくれるだけでもありがたいよ」

誓子「実際忙しいのは私たちも分かってるしね…… あとユキ、いつから居たの」

京太郎「!!www!WWWww!!w???ww!!?Wwww?」

由暉子「来たのはつい今しがたです、某先輩に教わったオーラ消しの練習がてら侵入しました」 ドヤァ

ソフィア「部員なんだから次からは堂々と入れな」

誓子「バラエティに毒されてるの? 心配だわ……」

由暉子「はぁ、 気をつけます……?」



京太郎「やぁ真屋さん、お久しぶり!」 サワヤカスマイルー

ソフィア(態度の違いが露骨すぎんぞ)

誓子(態度の違いが露骨すぎる)

由暉子「……中身が絃先輩と入れ替わったとか、そういう」

京太郎「すげえ、これが本物のアイドルのマジボケ……!」

誓子「京太郎君もいい加減に落ち着きなさい、ユキだって部活中もアイドルやってたら疲れるでしょ」

ソフィア「アイドル扱いしないほうが楽なの?」

由暉子「それはまぁ、確かにそうかもしれませんね、私も部室で話していると楽しいですし」

京太郎「……そうだな、分かったよ、真屋さん」

由暉子「良ければユキと気安く呼んで下さい、えと、京太郎くん、同級生ですよね?」 ニコッ

京太郎「尊い……」

誓子「名状しがたい顔するのやめなさい」

京太郎「っと、じゃあ、えーと、ユキ、よろしくな」

由暉子「はい、宜しくお願いします」

京太郎「……今日俺、死ぬかもしれんな」

由暉子「あ、あの、突然虚空を見つめて何かと会話を始めたのですが」

誓子「ほっとけば大丈夫よ」



ソフィア「じゃあ、せっかく四人居るし、打とうか?」

誓子「ユキも麻雀でいい?」

由暉子「では、一局だけ……」

ソフィア「あ、なんか予定あったんだ、ごめんね無駄話してて」

由暉子「いえ、それが楽しいので」

京太郎「じゃあ早速起家決めを」

ソフィア「お、意外と復活早かったな?」

京太郎「女性をお待たせするなど紳士の振る舞いではありませんからね」 キリッ

誓子「席順適当にじゃんけんでもいい?」

ソフィア「かまわんよ、東南西北抜き出すのも面倒だし」

京太郎「無視しないデ!」



カチャカチャ カチャカチャ

由暉子「京太郎くんは麻雀お強いのですか?」

京太郎「いや、あんまりだなー、この部活で多分一番か二番に弱いよ」

ソフィア「一番と断言しないあたりが意地だな」 ククク

京太郎「なんぼなんでも上柿の奴に負けるわけにはいかないんですよ」 グヌヌ

誓子「上柿っていうのはユキたちの同級生の子で」

由暉子「恵さんですよね、何度か話したことが…… あ、ダブルリーチです」

京太郎「早くね!!?」

誓子「なんか能力使ったの?」

由暉子「いえ、偶然です」

ソフィア「豪運すぎっぞ!」

由暉子「たまたまで…… あ、すみません、ツモです、2000・3900」

誓子「終わった!?」

京太郎「マジ震えてきやがった……こわいです;」

由暉子「つ、次! 次行きましょう!」

誓子「次の用事はいいの?」

由暉子「…………そんな予定もありましたね」 メソラシー

京太郎「うわー仕事の予定ぶっとばすつもりだこの子」

ソフィア「はは、まぁ不完全燃焼なのは分かるけどな…… ちなみに次の予定ってなに?」

由暉子「はい、一時間後に某看板番組の打ち合わせとあいさつ回りが」

誓子「行きなさい」

京太郎「行きなさい」

ソフィア「行きなさい」

由暉子「アッハイ」

風通しのいい部活です 【咲-Saki- O大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物など詳細についてはアバウトをどうぞ

taisa


絃「はい、はい、うん、ありがとう…… それじゃまたね宥ちゃん

絃「……ふう」

ソフィア「電話おわったの?」

絃「あ、うん、こんどの練習試合の話を」

明華「確か、来週の土日でしたか」

絃「そうそう、わざわざ関西からK大の皆さんが来てくれるって」

由華「フフ、関西のやつらなど、我ら関東勢の力を見せ付けてやりましょうぞ!」

誓子「なんで武将みたいな口調なの」

京太郎「いやその前に奈良出身でしょあの人」



尭深「練習試合のオーダーはもう決まっているんですか?」

絃「まだだよ」

花子「練習試合なんだからイトちんが適当にちゃちゃっと決めちゃえばいいじゃ~ん」

ソフィア「適当て」

絃「う、うん…… でも、せっかくだから皆の意見を聞いてから決めても良いかなって」

花子「おっし、んじゃせっかくだしガースーが決めろ」

京太郎「え、マジすか、それなら……」

恵「胸の大きさ順とかで選んだらドン引きするから」

京太郎「なに言ってんだお前、重要なのは胸じゃねーよ!」

恵「え、そうなの、な、なんかごめん」

京太郎「確かに胸の大きさは重要なファクターだが、むしろそれを含めて総合的なボディラインこそが」

ソフィア「よし、とりあえずこいつ穀そう」



由華「あれ、胸と言えば、今日は由暉子来てないんですか」

ソフィア「その流れで思い出すのやめろ」

絃「真屋さんなら次の金曜日まで来れないって連絡もらってるよ」

誓子「最近はロケが結構入って忙しいって言ってたしね……」

明華「ふむ、アイドルというのも大変なんですね」

京太郎「というか、大学生とアイドルの両立とかどう考えても辛すぎ案件ですよね」

花子「うえー、あたしには無理だよ絶対」

ソフィア「忙しい云々以前にアイドルになれないだろお前には」

花子「む、そんなことないっしょ、あたしだって本気出せば日本にあさみんタイフーンの一つや二つ……」

尭深「確かに浅見先輩はオシャレですし、何より美少女ですからね」

絃「花子ちゃん歌ったりするのもうまいもんね!」

花子「ちょ、褒めるのや~め~ろ~よ~ぅ↑」

明華「君ならできるよ(笑)」

京太郎「ほら、しっかり(笑)」

花子「いよいよもって死ぬがよい(物理)」 アタマスパーン

明華「」

京太郎「」



揺杏「うーす」 トビラガチャー

誓子「あら、揺杏いらっしゃい」

揺杏「……なんで部屋の隅で頭おさえてうずくまってんの、この金髪二人は」

京太郎「」

明華「」

ソフィア「あー、うん、いつもの感じのやつだから、あんま気にしないで」

揺杏「マジっすかー」

絃(それで納得しちゃうんだ)

恵「最近結構いらしてますよね? 専門学校のほうはいいんですか?」

揺杏「いやいや、製作の宿題宿題で大変だし」

誓子「あなた宿題が嫌だからってこっちに逃げてくるのやめなさいよ」

揺杏「げ、説教はやめてよ、ここが数少ない心のオアシスなんだからさー」

由華「あれ、揺杏ってここの大学の生徒じゃなかったの?」

揺杏「ん? こないだ説明したじゃん、服飾の専門学校生だから私」

由華「……うちの大学って部外者を入部させてもいいんだっけ?」

揺杏「さぁ? 別にいんじゃね? 確かめたこと無いけど」

尭深「なんで本人が知らないの……」

絃「岩館さんのおかげで、うちはインカレサークルだ! って部長会でも自慢できるから……」

恵「入部認めてる理由それだったんですか!?」

尭深(部長会でも話してるなら別に問題ない……のかな)

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード