今日の一言:寒すぎてそういうSSしか書けなくなってる  (1/25)

鹿倉胡桃

常習犯 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

G大部室


藍子「なんか近くの公園でフリーマーケットが開催されてるみたいですよ」

胡桃「へー! なんか面白そうかも」

藍子「行きませんけど」

胡桃「行かないの!? 行く流れじゃなかったの!?」

藍子「いや、寒いですし」

胡桃「このくらいの寒さなんか大したことないでしょ!」

藍子「私人間なので……」

胡桃「私も人間だけど!?」

藍子「絶対に行くまいと決意を抱いた」

胡桃「セーブしてる!?」




藍子「私は北国の出身ではないので寒さにはちょっと弱いんですよ」

胡桃「まぁ確かに私の地元のほうが寒いかもしれないけど、その補正を加味してもそこまで寒いかなぁ?」

藍子「いやー寒いですよ? 朝なんか思わず五度寝してしまったくらいですし」

胡桃「それ藍子がぐうたらなだけ!」

藍子「ふふ、それは果たしてどうでしょうか……」

胡桃(そうでしょ)

藍子「どちらかというと授業に出たくないという気持ちがなかったと言いにくい面はあったりなかったりします」

胡桃「あるのかないのかはっきりする! まったくもう……駄目だよ授業にちゃんと出なきゃ」

藍子「だって今日の午前の授業って教科書なぞるだけなんですもん、だったら家でムニャりますってー」

胡桃「ムニャるとかいう新語はともかく、それでも授業でしか聞けない話とかあるから、出たほうがいいよ」

藍子「はーい」

胡桃「まったく……」

藍子「それじゃ行ってきます」

胡桃「……え、フリマに? でも絶対に行かないって……」

藍子「いや、今やってる授業に」

胡桃「現在進行形でサボり中だったの!!?」

富める者そうでない者 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

rp


白望「……だる………………」 ダルー

まこ「…………」

白望「…………」 ダルー

まこ「…………はぁ……」

白望「……どうしたの」

まこ「……いや、大したことないけぇ、大丈夫です」

白望「大したことじゃないものはあるんじゃん……まぁ言いたくないならいいけど……」

まこ「……それじゃお言葉に甘えまして」

白望「早く」

まこ「………………小瀬川さんみたくナイスバディになるんはいったいどうしたら……」

白望「おやすみ」 ZZZ

まこ「小瀬川さん!?」




白望「えっ、そんなアホらしいこと考えるようなキャラだったの」

まこ「じゃから言いたくなかったんじゃ……」

胡桃「本当それ!」

まこ「!?」

白望「どっから出てきたの」

胡桃「シロってば本当に色々とおっきいのにそれを凄い勢いで無駄遣いしてるんだよ、羨ましすぎる……」

望「塞だってお尻おっきいけど?」

胡桃「塞なんて嫌い」

まこ「裏切り者じゃったか……」

塞「お尻おっきいって普通に考えて結構悪評なんだけど!?」

まこ「おったんですか臼沢さん」

塞「居ったよ!?」




胡桃「私はね、塞とかシロに囲まれて十年以上過ごしてきたんだよ……」

まこ「心中お察し致します……」

塞「ねぇ、なんか意気投合してるんだけどあの二人」

シロ「もうほっといていいんじゃないかな、ダルいし」

胡桃「これはもう麻雀部を二つに割って、ひ、ひんそーな者たちによる楽園を建設する以外ないね」

まこ「百鬼と対木には声かけますわ、久は……足切りじゃな」

胡桃「久はサイズ的にダメだね、断罪しなきゃ(使命感)」

塞「なんか話が変な方向行ってるんだけどぉ!?」

シロ「ZZZ」

ストレス解消法 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

2011111265619_600


コンコンコン トビラガチャー

胡桃「トヨネ! 朝だよ!」

豊音「ん、む、ぅ……」

胡桃「ほら、早く起きる!」

豊音「……あ、くるみおはよ~」

胡桃「はい、おはよう」

豊音「あとごふん~」 ガバァ

胡桃「!? ちょ、トヨネ離して! 離しなさいってー!」

豊音「ZZZ」 スヤー

胡桃「トヨネーーー!!!」




豊音「みんなおはよ~」 トビラガチャー

塞「おはよ……あれ? 胡桃は? 起こしに行ったはずだけど」

豊音「うん、しっかり充電させてもらったよ~」 キラキラ

塞「はい?」

胡桃「漏電した……」 ズズーン

塞「あっ (たまにトヨネは凄く寝惚けることがあるしやんごとなき事態が起こったのだろうなぁということを察し)」

胡桃「分かってたなら助けてよ!」

塞「いや味噌汁のダシをとるのに忙しかったから私」

胡桃「使ってるのダシの素でしょ!?」

白望「…………おはよう」 トビラガチャー

塞「おはよ、今日はやけにすぱっと起きられたのねシロ」

白望「うん、充電したから」 キラキラ

塞「はい?」

エイスリン「ロウデンシタ……」 ズズーン

塞「なぜ申し合わせもなしに天丼をしてくるのか、コレガワカラナイ」




豊音「あ、そーだ、今日って大学の部室におじゃましていい?」

塞「ん? いいんじゃない? そもそも別に誰が立ち入っても何の問題もないでしょ」

胡桃「まぁ、警備がザルなのはどうかと思うけどね、たぶん誰にも何も言われない気がする」

白望「部活の練習日じゃないから……みんな居るかどうかは分からないけど……」

豊音「今日は休養日だからね~、遊びに行きたいなって!」

エイスリン「!! トヨネ! ズルイ!」

豊音「エイスリンさんも行こうよ!」

エイスリン「キョウ、オシゴト……」 ショボーン

豊音「あちゃ、ごめんねエイスリンさ~ん」

エイスリン「ク、クチオシイ……」

胡桃「どこでそんな口調覚えたのエイちゃん!?」




豊音「というわけで来たんですけど、対木さんだけしか居なかったんだ」

もこ「は、はい……私は今日は午前中じ、授業なかったから……」

豊音「うふふ、でも対木さんが居てくれてよかったよ~」 ナデナデ

もこ「わ、わたしも豊音さんをひ、独り占め、です」

豊音(かわいい)

もこ「と、豊音さん?」

豊音「対木さんは授業どう? 私大学の事はよく知らないから聞かせてほしいな」

もこ「楽しい、ですよ、ちょっと授業中に眠くなったり、しちゃいます、けど」

豊音「あはは、駄目だよー、授業はちゃんと受けなきゃ」

もこ「ふふ、そういう時はミントタブレット、のお菓子をほお張るので大丈夫で、ですよ」 ガシャガシャ

豊音「そ、そのお菓子ってほお張るっていう食べ方するものじゃないような」

もこ「おいふぃ、うぇすよ」 モゴモゴボリボリ

豊音「ハムスターみたいになってるよー?!」




豊音「今日は楽しかったよ~」

白望「……そう、よかった」

豊音「? よかった?」

塞「いや、トヨネって最近大きな試合に出てて気を張りつめてたみたいだからさ」

胡桃「今日遊びに行きたいって言ったから、ちょっと心配してたんだ」

塞「ごめんね、昼間に一緒に居られなくて」

豊音「あ、あはは、みんなには勝てないね」

エイスリン「ダイジョウブ?」

豊音「うん、ありがとう、大丈夫だよ~、対木さんのミントお菓子が凄かったし」 ニコニコ

塞(…………お菓子が凄いって何……??)

胡桃(…………でも聞きにくい……心配してた流れだけに……)

招かれざる訪問客 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

sakehoiru


もこ「い、いただきます……」

塞「おあがりよ!」

もこ「ハムッ ハフハフ、ハフッ!!」 モグモグ

塞「今日の献立は鮭の味噌ホイル焼き、サラダ、そしてカブの味噌汁! いかが?」

もこ「さ、最高かよ……です……」 ハフゥ

塞「そ、良かった」 ニコッ

白望「……どうしたの、あれ」

豊音「さえが対木さんにご飯を作ってあげてるんだよー」

白望「それは見て分かるんだけど」

胡桃「もこちゃん家、今日お母さん居ないらしくてさ、塞がウチで食べてきなよ! って誘ったんだってさ」

白望「…………つまり、誘拐したんだ」

胡桃「結果的にはそうだね!」

塞「結果的にもそうじゃないけど!?」

もこ「んめ んめ」 モグモグ




胡桃「さて、それじゃあ私たちも食べようか?」

白望「あれ、エイスリンは」

豊音「今日はチームの先輩と一緒に遠征に行ってるよー」

もこ「ど、どこに行かれて、るんですか?」

豊音「えっと、マツサカ? だから、えーっと……」

胡桃「松阪だったら、三重県かな!」

塞「豊音は遠征じゃなかったの?」

豊音「私は今日はオフだよー、昨日までずっと連続出場してたからねー」

もこ「あ、そ、そうなんですか」

塞「いいなぁ、やっぱりランチとかでお肉食べるのかな、お仕事とは言え羨ましいかも」

白望「……ご飯食べながらお肉のことを考えるんだ」

胡桃「発想がぽっちゃり系のそれ!」

塞「ちょ、ち、違っ、だって仕方ないじゃん! 松阪といえば牛肉でしょ!」

もこ「さ、塞さんは、まだ太ってないです、よ」

塞「まだ!? 既に萌芽が外見に表れ始めてるの!?」

豊音「さえのご飯のほうが絶対においしいから大丈夫だよー」

塞「はぇ、え、えっと、ありがとう?」




もこ「ご、ごちそう様、でした」

塞「大丈夫? 泊まってってもいいんだよ?」

もこ「い、いえ、明日も授業とかありますし」

白望「……むしろ返すのが遅くなるほうが悪いでしょ」

胡桃「またいつでも来なね!」

もこ「は、はい、ありがとうございます、そ、それじゃ、また」

豊音「またねー!」

塞「………………さて、それじゃとりあえず食器とか後片付けしちゃいますか」

白望「うん、がんば」

胡桃「シロもやるの! ほら、布巾!」

白望「……ダル」

塞「……ん? あれ?」

豊音「どうしたの?」

塞「あ、いや、さっき一緒にご飯食べたのって、もこちゃんと私達四人で、五人だったよね」

胡桃「そうだけど?」

塞「いや、なんでかな、使用済みのお茶碗が六つ出てるんだけど」

胡桃「…………え?」

白望「……それって」

豊音「ああ、それは対木さんと一緒にいた人が食べてたよ!」

塞「え、一緒にいた人?」

豊音「うん、凄く美味しそうに食べてたよ、良かったねさえ!」

塞「あ、えっと、うん、そ、そうね」




塞「………………えっ?」

3割っていうのは麻雀にとっては7割を超える確率なんです 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ken



星夏「ダブリーの先制攻撃だべ!!」 リー棒ポイー

塞「げっ」

まこ「言うとくが死亡フラグじゃぞそれ」

星夏「リアルな話、その前にツモってしまえば問題ないべ! 私のリーチは3割当たる!」

胡桃「あ、それロン、12000」 パタタ

星夏「」

星夏「」 

塞「7割をひいたみたいだね」

まこ「むしろちゃんと3割でアタったっちゅうか」




胡桃「どう!? 私だってたまにはやるんだよ!」 ドヤフフーン

塞「なにそのすっごいドヤ顔」

星夏「くううう悔しいいい! 流し切りが完全に入ったと思ったのに!」

まこ「なぜそうわざわざフラグを立てに行くんか……」

胡桃「さ、ツキが無くならないうちに次局やろう、次局!」 ダイスロール

まこ「ふふ、ここまでテンション高い鹿倉さんもなんか珍しいのぉ」

星夏「テンション高倉健?」

塞「テンション低そう」

まこ「不器用じゃからな」




胡桃「う、だ、だってここまで理想的にアガれたのって結構久しぶりだから……」

塞「まぁ、その気持ちはよく分かるけどね」

まこ「4順目でダマハネ組めたら誰だってウキウキじゃあ」

星夏「直撃食らったこっちは全くウキウキじゃないんですけど……」

まこ「はっはっは、悔しかったらやり返してみんさい、麻雀たぁそういうもんじゃ」

星夏「よし! はあああ! マッハで蜂の巣にしてやんよ!」

塞「あ、ツモ、1000・2000」

星夏「………………」

塞「…………いや、しょうがないじゃん、引いちゃったんだから」

まこ「麻雀たぁそういうもんじゃ」

胡桃(…………気まずい)

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。火金の週2更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード