今日の一言:現在定期更新をお休みしているのですよ (4/20)

鹿倉胡桃

招かれざる訪問客 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

sakehoiru


もこ「い、いただきます……」

塞「おあがりよ!」

もこ「ハムッ ハフハフ、ハフッ!!」 モグモグ

塞「今日の献立は鮭の味噌ホイル焼き、サラダ、そしてカブの味噌汁! いかが?」

もこ「さ、最高かよ……です……」 ハフゥ

塞「そ、良かった」 ニコッ

白望「……どうしたの、あれ」

豊音「さえが対木さんにご飯を作ってあげてるんだよー」

白望「それは見て分かるんだけど」

胡桃「もこちゃん家、今日お母さん居ないらしくてさ、塞がウチで食べてきなよ! って誘ったんだってさ」

白望「…………つまり、誘拐したんだ」

胡桃「結果的にはそうだね!」

塞「結果的にもそうじゃないけど!?」

もこ「んめ んめ」 モグモグ




胡桃「さて、それじゃあ私たちも食べようか?」

白望「あれ、エイスリンは」

豊音「今日はチームの先輩と一緒に遠征に行ってるよー」

もこ「ど、どこに行かれて、るんですか?」

豊音「えっと、マツサカ? だから、えーっと……」

胡桃「松阪だったら、三重県かな!」

塞「豊音は遠征じゃなかったの?」

豊音「私は今日はオフだよー、昨日までずっと連続出場してたからねー」

もこ「あ、そ、そうなんですか」

塞「いいなぁ、やっぱりランチとかでお肉食べるのかな、お仕事とは言え羨ましいかも」

白望「……ご飯食べながらお肉のことを考えるんだ」

胡桃「発想がぽっちゃり系のそれ!」

塞「ちょ、ち、違っ、だって仕方ないじゃん! 松阪といえば牛肉でしょ!」

もこ「さ、塞さんは、まだ太ってないです、よ」

塞「まだ!? 既に萌芽が外見に表れ始めてるの!?」

豊音「さえのご飯のほうが絶対においしいから大丈夫だよー」

塞「はぇ、え、えっと、ありがとう?」




もこ「ご、ごちそう様、でした」

塞「大丈夫? 泊まってってもいいんだよ?」

もこ「い、いえ、明日も授業とかありますし」

白望「……むしろ返すのが遅くなるほうが悪いでしょ」

胡桃「またいつでも来なね!」

もこ「は、はい、ありがとうございます、そ、それじゃ、また」

豊音「またねー!」

塞「………………さて、それじゃとりあえず食器とか後片付けしちゃいますか」

白望「うん、がんば」

胡桃「シロもやるの! ほら、布巾!」

白望「……ダル」

塞「……ん? あれ?」

豊音「どうしたの?」

塞「あ、いや、さっき一緒にご飯食べたのって、もこちゃんと私達四人で、五人だったよね」

胡桃「そうだけど?」

塞「いや、なんでかな、使用済みのお茶碗が六つ出てるんだけど」

胡桃「…………え?」

白望「……それって」

豊音「ああ、それは対木さんと一緒にいた人が食べてたよ!」

塞「え、一緒にいた人?」

豊音「うん、凄く美味しそうに食べてたよ、良かったねさえ!」

塞「あ、えっと、うん、そ、そうね」




塞「………………えっ?」

3割っていうのは麻雀にとっては7割を超える確率なんです 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

ken



星夏「ダブリーの先制攻撃だべ!!」 リー棒ポイー

塞「げっ」

まこ「言うとくが死亡フラグじゃぞそれ」

星夏「リアルな話、その前にツモってしまえば問題ないべ! 私のリーチは3割当たる!」

胡桃「あ、それロン、12000」 パタタ

星夏「」

星夏「」 

塞「7割をひいたみたいだね」

まこ「むしろちゃんと3割でアタったっちゅうか」




胡桃「どう!? 私だってたまにはやるんだよ!」 ドヤフフーン

塞「なにそのすっごいドヤ顔」

星夏「くううう悔しいいい! 流し切りが完全に入ったと思ったのに!」

まこ「なぜそうわざわざフラグを立てに行くんか……」

胡桃「さ、ツキが無くならないうちに次局やろう、次局!」 ダイスロール

まこ「ふふ、ここまでテンション高い鹿倉さんもなんか珍しいのぉ」

星夏「テンション高倉健?」

塞「テンション低そう」

まこ「不器用じゃからな」




胡桃「う、だ、だってここまで理想的にアガれたのって結構久しぶりだから……」

塞「まぁ、その気持ちはよく分かるけどね」

まこ「4順目でダマハネ組めたら誰だってウキウキじゃあ」

星夏「直撃食らったこっちは全くウキウキじゃないんですけど……」

まこ「はっはっは、悔しかったらやり返してみんさい、麻雀たぁそういうもんじゃ」

星夏「よし! はあああ! マッハで蜂の巣にしてやんよ!」

塞「あ、ツモ、1000・2000」

星夏「………………」

塞「…………いや、しょうがないじゃん、引いちゃったんだから」

まこ「麻雀たぁそういうもんじゃ」

胡桃(…………気まずい)

夜の女 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

c7c6328fc46bc4b0b54b3b11eb070db7


エイスリン「タ、タダイマ~」 トビラガチャー

塞「お、エイちゃんお帰り、遅かったね?」

エイスリン「ノミカイ、イッテタ……」 フラフラ

塞「飲み会にしてはなんかめちゃめちゃ疲れてるっていうか…… 大丈夫? 気持ち悪いの?」

エイスリン「サエ、キモチワルイ……」

塞「それ私が気持ち悪いってわけじゃないよね!? 気分が悪いってことだよね!?」

エイスリン「ウウウ……」

塞「なんか本気でつらそうだね、はいお水」 コトッ

エイスリン「Thanks……」




塞「シャワー浴びたらすっきりした?」

エイスリン「スコシ」 ホカホカ

塞「はい、追加のお水」

エイスリン「オカワリ?」

塞「とにかく水を飲みまくると明日以降が楽だから、たくさん飲んどきなよ?」

エイスリン「I see, I see」 ゴクゴク

塞「にしても、遅くなるとは聞いてたけど、いったい誰と飲んでたの?」

エイスリン「クリスト、イッテタ」 カキカキ バッ

塞「このイラスト…… ああ、あの熱血の先輩かぁ」

エイスリン「」コクコク

塞「ええー、あの人そんなに面倒な人なの?」

エイスリン「クリス、イイヒト、ダヨ?」

塞「いやまぁ良い人は良い人なのかもしれないけどさぁ」

エイスリン「ワタシガ練習デ調子ヨカッタラ、イツマデモアイテ、シテクレル」

塞「それって多分めっちゃ面倒なうえに負けず嫌いなだけじゃない?」

エイスリン「……!!」 ガガーン

塞「……気づいてなかったの!?」




胡桃「あ、エイちゃん帰ってきてたんだ」 トビラガチャー

エイスリン「タダイマ!」

塞「胡桃はどーしたの?」

胡桃「ん、ちょっと水が飲みたいなって」

塞「そっちも水かぁ」 ハイコレ

胡桃「でもエイちゃんがこんなに遅くなるなんて結構珍しいよね!」 アリガト

エイスリン「ワタシモ、オトナノオンナ!」 フンス

塞「そうだね(慈愛の目)」

胡桃「エイちゃんも大人になったね(慈愛の目)」

エイスリン「……! ……!」 ペチペチ

塞「いたた、叩かないで、ごめんってば」




塞「っと、もう二時か、エイちゃんは明日休み?」

エイスリン「レンシュウ!」 カキカキ バッ

胡桃「それじゃ、はやく寝ないとね、私も寝よう……」

塞「夜更かしは美容の大敵だからね!」

胡桃「……そういえば、塞はなんで起きてたの?」

エイスリン「ワタシ、マッテタ? ゴメンネ?」

塞「あ、えっと、いやいや、そんなに気にしなくても大丈夫だよ、うん、あはは」

エイスリン「……?」

胡桃「なんだか歯切れが悪いね…… なにか隠してるなら早めに吐いた方が楽だよ」

塞「………………三時間ほど動画サイト見てました……」

胡桃「……エイちゃんのこと言えた義理じゃないね」

塞「言わないで! こんな時間の使い方で自分でもすごく後悔してるから! 本当に!!」

こうしたらもっと素敵だと思わない? 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

misudo


胡桃「ミ○ドでセールしてたからいろいろ買ってきたよ」 ドッサリ

藍子「でかした!」

星夏「凄ェ! 流石胡桃先輩ァ!」

胡桃「あの二人テンションおかしくない?」 ハイコレ

もこ「あ、ある意味、いつも通りだから、大丈夫……」 ゴチソウサマデス

藍子「もこがいつになく辛辣」

星夏「真実という名の刃がつらたん状態」




久「○スド? フレンチクルーラーある?」

胡桃「毎回取り合いになるから大目に買ってきたよ」

久「さっすが分かってる! 胡桃本当愛してる!」

胡桃「はいはい」

藍子「この間、臼沢先輩が何個か買ってきた時は凄かったからね……」

星夏「まさに血で血を洗う地獄絵図でしたね」

もこ「私は、エ、エンゼルクリームがいいな……」

星夏「オールドファッションいただきますね」

胡桃「はいはーい、どんどんもってっていいよー」

藍子「では私は担々麺を」

胡桃「ないよ!?」

久「何故そこで飲茶ッ!?」

星夏「きえろ、ぶっとばされんうちにな」

胡桃「違う、そっちじゃない」 




藍子「なんでですか! ミス○といったら坦々麺でしょ!?」 プンスコ

胡桃「藍子にはそうかもしんないけど、普通○スドからお土産で持って帰ろうってならないでしょそれ!?」

星夏「飲茶はテイクアウトできないって断られちゃうんで無理らしいですよ」

藍子「あ、そうなんだ、へぇー、初めて知った」

久「色々ツッコミが足りなさすぎるでしょ…… 誰かまこ呼んできて」

もこ「ま、まこさんは、今日はバイトがあるらしいので、お、お休みです、よ」

久「……神は死んだ」

藍子「Love is dead…」

胡桃「何故そこで愛ッ!?」

恒例行事 【咲-Saki- G大麻雀部SS】

※咲-Saki- 本編3年後の二次創作SSです
※大学に進学した面々がガヤガヤするやつです
※登場人物などについてはキャラ一覧をどうぞ

cake

久「それでさぁ、やっぱり誕生日なんだからケーキが必要じゃない?」

塞「あ、それは私が作るつもりだったから大丈夫」

星夏「普通の料理はどうします?」

藍子「一応ケータリングのあてがあるんで、それを予約してあるよ」

まこ「んむ、清算は後ででもええか?」

藍子「っけーい!」

もこ「か、会場はここ、ですか?」

胡桃「部室じゃ後片付けとか面倒だし、私らの家でいいんじゃない?」

塞「そうだね、私もケーキの準備とか家においてあるし」

久「それじゃみんな、準備に取り掛かりましょう」

もこ「た、楽しみ……! シロさんの誕生日パーティ……!」

白望「……ねぇ」

胡桃「なに?」

白望「……それって私の誕生日の話?」

久「そうだけど?」

白望「……私が寝てる横で相談してて良いやつなの、それ」

塞「ネタバレとか気にする?」

白望「しないけど」

藍子「しないんかーい」

胡桃「まぁ毎年やってるからねぇ、誕生日パーティ」




久「プレゼントも気合入れて用意してあるから、楽しみにしててね☆」

まこ「どうしてあんたはそう胡散臭い言動ばかしなんじゃ……」

白望「……ダル」

星夏「まぁまぁ、皆で色々用意してるのは本当ですから」

白望「文堂が用意してくれたプレゼントってカードのことじゃないよね」

星夏「ちちちちちがいますよ」 カタカタ

藍子「いっそ嘘臭いくらい動揺してる」




胡桃「そういうわけだから、今日はシロが主役だからね!」

白望「主役なんか前線に出るまでもないんじゃないかな」

久「それは流石に許されないからダメー」

白望「まぁ、冗談だけど…… それじゃあ私は時間までどうしてたらいいの?」

塞「会場は家だから、適当に時間つぶして17時くらいに帰ってきて」

白望「……外に出たくないからここにいる」

胡桃「知ってた」

星夏「それじゃ、私と一緒にショッピング行きませんか?」

久「プレゼント用意しなおすとか?」

星夏「ちちちちちちがいますよ」 カタカタ

まこ「もうやめたりんさいや……」

星夏「いや、あの、ネタっぽくノッてただけで、本当に違いますからね!?」

まこ「ええんよ、無理せんで」

白望「……えっと、それじゃ一緒に駅前にでも行こうか?」

胡桃「シロが自分から買い物に連れ出した!!?!??」

星夏「優しさが痛い……」




久「―――で、プレゼントは買えたの?」

星夏「いやだから最初から別の用意してますって…… どうぞ、レンジで暖められるアイマスクです」

白望「ありがとう」

胡桃「これでプレゼントは全員渡したよね?」

豊音「渡したよー!」

塞「それじゃ、電気消してー? いまケーキ持ってくるから」

もこ「き、きた……!」 ドキドキ

塞「はい! それじゃシロ、ろうそく吹き消してー」

白望「…………」

ケーキ「…………」 メラメラメラ

白望「……ふうぅうううう~~~~~……」

全員『誕生日、おめでとう!!!!』

白望「…………」

エイスリン「? シロ、ドウシタノ?」

白望「…………ちょっと酸欠になったから横になって良い?」 グデー

星夏「隙あらば休もうとしてくるこの人」

白望「AMSから、光が逆流する…!」

久「いやなんか本当に死にそうになってるけど!?」

エイスリン「シロ、オキテ!」

白望「わかった」 スッ

胡桃「なんでエイちゃんの言うことは素直に聞くの!?」

【このブログについて】
このブログでは主に咲-Saki-のSSを更新します。気まま更新です。
詳しくはアバウトをご参照ください。
一応本ブログの更新を優先しようという気概ではいます。

ご意見、ご要望は目安箱にどうぞ!
下の方にあるメールフォームでもいいですよ!

紺フェスバナー-20150823_224336



タグ絞り込み検索
記事検索
最新コメント
過去SSランダム表示
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

メールフォーム
QRコード
QRコード